鍬人の野良日記

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
薪熱生活を送る日々。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 固定種があってる。 | main | 昨日の続きで、今日の様子。 >>

都合よくはいかない。

今日は朝から、ず~~~っと雨でした・・・。こういう日はあんまり気乗りしないですね。

朝、いつもよりゆっくりめに朝食を取り、田んぼの見回りと娘たちのところへ。昨晩は入ってなかった、ホッとします。対策強化して、その日の晩に入られたりしたら、もう脱力感で満たされてしまいますから。田んぼを見回ったあとに、ハウスAのレッドオーレと骨組みだけのハウスBのシシリアンルージュの見回り。このときはまだ、ほとんど流れてませんでした。
昼前頃から雨脚が強くなって、2時ごろにはピークに。もう一度ハウスの様子を見に行ってみました。



撮影は夕方です。なんせ、排水作業で撮影どころではなかったのでね。ハウスAは問題なかったのですが、写真のハウスBがプールになりかけ状態・・・。水が排水溝に流れるように、ハウス内から流れ出るように、ひたすら三角ホーで排水路を拵えます。落ち着いたのが撮影した5時ごろです。

晴れが続くと雨を欲しがり、雨の日が続くと晴れた天気を欲しがり・・・。自然にあわせながら、生きていくことが肝要です。



FacebookTwitter、もよろしゅうに。
農作業 | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト



FacebookTwitter、もよろしゅうに。
- | - | -

この記事に対するコメント

はじめまして。

自然治癒力を高め、農業も取り入れながら自己免疫疾患を治療中の者ですが、

私はサプリメントにも頼らずって形が一番であると考えてます。

それで野菜も人間も同じだと思うのですが、
ソイヤという補助剤は
人間が飲むサプリメントと同じであるという認識が正しいかと思うのですが、

実際その微生物の影響で
種の力や野菜本来の治癒力を押さえ込んでしまうという事は考えられませんか?

実際、同じ野菜を
韓国で販売されてる種で栽培したら
強さが全く違いました。
天候にも左右されず、
害虫にも打ち勝ち。

化学的であれ、
天然由来であれ、
付け加える事には変わりないように思え、
弱い種がまた弱い種を作る。

母体が弱いために
アレルギーやアトピーを持つ子供が急増という現実も同じ事が言えます。

年代の差もあるかと思いますが、
何も加えない作物を口にすれば
元気な日本を取り戻せるかと
そう願って止みません。

長々と失礼しました。
アイゴもっさら | 2011/09/21 3:04 AM
アイゴもっさらさんの言うとおりだと思います。
自然栽培や自然農法をうたう意味をきちんと認識しないといけません。

ところで、
トマトはどちらに売っていますでしょうか?
価格も合わせて教えて頂けますか。

トマト農家さんとのこと、
価格情報がどこにも見当たりません。
百姓見習い | 2011/09/21 7:17 PM
アイゴもっさらさん、コメントありがとうございます。サプリメントを狭義的に栄養補助剤と捉えれば、ソイヤは当てはまらず、機能を高める成分も含めるとサプリメントに該当します。
昨年と比べて、土が変わって生育がよくなってきたことを実感してますが、将来何も与えなくても生育する栽培を目指しています。その時点ではソイヤも不要です。起業当初から一貫した考えです。最初から取り組めれば理想ですが、それで営農を確立するには、相当の覚悟・技術・知識が必要に思えます。
また是非、ご意見をお願い申し上げます。
RyugoH | 2011/09/21 7:57 PM
百姓見習いさん、コメントありがとうございます。
恐縮ですが、ネット販売はしておりませんので表示しておりません。八百屋さん等に卸もしておりません。まだまだそこまでの収量が見込めませんので。
価格については、お手数ですが下記アドレスまでお問い合わせ頂けましたら幸いです。
astgreen※ares.eonet.ne.jp
(※を@に換えて送信願います)
RyugoH | 2011/09/21 8:03 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック