鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ロッソナポリタンでチーズラタトゥイユ。 | main | 売るべきか、自粛すべきか、それが問題だ・・・。 >>

生育の早さが違います。

6月5日のお手植え祭で手植えしたイネが、順調に育っています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。天然酵母パンをフライパンで!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

出穂した話は数日前に書きましたが、黒米でその出方に違いがでているようです。



真ん中の草丈が少し低い株を境に、↑、右が育苗期にソイヤを与えた黒米、左がソイヤを与えていない黒米です。ちょうど↑の位置にある株元畦際に竹を挿しています。この画像ではわかりづらいのですが、穂の出方が違います。草丈にも違いがあって、右のソイヤ苗の黒米のほうが高く育っています。



う〜ん、この画像でもわかりづらいなぁ・・・。↑ソイヤ苗の黒米ですが、穂があちこちで出始めています。わかりますか。



↑こちらはソイヤを与えていない黒米です。穂がまだほとんどでていません。あきらかにソイヤ苗のほうが穂の出方が早いんです。赤米でも比較していますから、同じような傾向が見られるか、貴重なデータになります。生育が早いから穂の出方も早いんだろうと思ってますが、この暑い夏を乗り切るのに有利だろうと思ってます。生育が早ければその分、根量も多いはずですからね。それにもし収穫期も早く迎えられるなら、霜が早く降りる地域ではメリットがあるのでは、とも。
肥料は一切与えておらず、それでも秋には沢山の穂が風に靡いてくれれば嬉しいなぁ。



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
ソイヤ−米栽培 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。天然酵母パンをフライパンで!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/798
この記事に対するトラックバック