鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< やっぱりやってから気付く・・・。 | main | 来年に向けて。 >>

ソイヤの神髄

2005年8月に起業、5年が経ちました。起業当初から、日本の農業で最も重要な稲作でいかに貢献できるかを念頭に活動してきました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。天然酵母パンをフライパンで!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この5年間で師匠をはじめ、シバタさんやその他積極的に栽培されている百姓の先輩方のご協力で、未経験だった私に農業の現場や稲作の課題を教えていただき、コスト面に考慮しながらソイヤの性能を最大限引き出せる使用法を追究してきました。
同業者には、「理想的ではあるが、それでは(たくさん)売れない。事業が成り立たない。」と、皆一様に同じことを口にされました。しかしながら国際競争、異常気象など今後さらに厳しくなる農業に貢献するために重要なテーマであり、単にたくさん売るという企業論理は通じず、持続性を保ち高めていくには両者の相互理解と信頼が必然と考えています。
それを実現させていける状況が整いました。おかげ様で現場=田んぼでの貴重な栽培データを多数積み上げることができ、稲作でのソイヤの標準使用法を確立することができました。本当に多くの先輩方のご理解とご協力のたまものです。お百姓さんもそうでない方も、ぜひ一度ご覧頂きたくお願い申し上げます。
アストグリーンのサイト、栽培情報稲編に掲載しております。

来年、私も3枚の棚田1反でコシヒカリと古代米を栽培しますので、さらに究めるために試験します。上記の標準法は、田植え後の活着と初期生育にポイントを絞ってますが、来年からは健苗つくりを目指し、総合的に育苗技術を確立していきます。これにより生育はもちろんのこと、抑草対策の一助にもなります。



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
ソイヤ | comments(5) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。天然酵母パンをフライパンで!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

地道な研究調査の積み重ね、努力が実を結び、ソイヤ御殿の実現をお祈り申し上げております♪
タケ | 2010/12/25 9:08 AM
どもっ、ど〜も〜です♪
来年もご協力宜しく!
RyugoH | 2010/12/25 2:13 PM
御社ウェブサイト栽培情報稲編、拝見しました。
できれば、2009年6月4日といった形で西暦も入れられればと存じます。

いずれにせよ、今年一年間、お疲れさまでした。
小島愛一郎 | 2010/12/28 10:20 AM
来年も、どんどん広まって行って欲しいですね!!
ayaya | 2010/12/28 5:01 PM
小島様。ご指摘ありがとうございました。この1年、バテずに過ごせて何よりでした。

ayayaさん。広まります、間違いなく!
RyugoH | 2010/12/28 8:54 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/589
この記事に対するトラックバック