鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 電柵なしの獣害対策、見習い百姓vs鹿君の知恵比べもあと少し・・・ | main | 快適なのは、僕だけではない。 >>

2010年藍の栽培-6

実りの秋です。栽培している藍も花満開で、本当は収穫の時期が近づいているのですが・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。天然酵母パンをフライパンで!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



藍の花です。僕にとって最低条件の種取りはできそうです。青は藍より出でて、藍より青し、の藍。この葉っぱが藍染の原料になるのですが・・・、



青くて小さいのから、



茶色く大きいのまで、各サイズが揃っています・・・。こいつら、片っ端から葉っぱを食べていて、葉物栽培のご苦労を実感します。そう思うと、シンヤさんってすごいなぁ。



野草も混じってますが、藍は一株でもこんもり葉っぱをつけて大きな株になるはずだったのですが、見事に食べられているので、かなり向こうのほうまで透けて見えます。

僕にはまだ実感を持てないのですが、この藍は水が好き。水を欲しがる植物だそうです。つまり水を沢山吸い上げる植物ってことで、僕の課題の一つ、露地栽培において娘たちの実割れをどうやって防ぐか。藍や水が好きな植物を混植することで、実割れを軽減できないか、と。また、この虫、ヨトウムシだと思う、が娘たちを食べないのなら問題ないどころか、こいつらをねらってトカゲやらカエルやらが棲みついてくれれば、娘たちを食害するタバコガも食べてくれる。もしこっちの思うように、彼らが棲みついて食事してくれれば、嬉しいなぁ。

最近増えてきました、タバコガ幼虫による食害。それでなくても、この頃の雨で実割れが多いというのに・・・。



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
ソイヤ−その他の栽培 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。天然酵母パンをフライパンで!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

育てた藍はどうされるのですか?
祖母が育てている藍を使って、草木染めをしようと約束していたママ友がいるのですが、
その方のおばあちゃんがそうとは知らずに、畑では藍もふくめて草刈されてしまって

やっと3株だけ救えただけだったみたいで

来年自分達で植えようねとは話していたのですが。
池の側さくこ | 2010/10/06 12:12 AM
それはお気の毒・・・残念でしたね。
本来は収穫してめでたく出荷!だったのですが。今のところ、種を取るだけで予定なし、です。
一部収穫して、お茶にならんかなぁ・・・くらいです。
RyugoH | 2010/10/06 12:22 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/516
この記事に対するトラックバック