鍬人の野良日記

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
薪熱生活を送る日々。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 木立ちベゴニアの水挿し | main | ジンチョウゲの挿し木 >>

稲作試験第2報

昨日、久しぶりに晴れたので、稲の比較栽培を行って頂いているシバタプラセールファームさん(滋賀県)を訪問。こちらでは稲・麦・大豆を無農薬で栽培されていて、一部の田んぼで不耕起栽培にも取り組まれています。比較栽培の田んぼから、植物活性剤ソイヤを与えた稲とそうでない稲を1本ずつサンプリングさせて頂きました。
画像の右の株がソイヤ株です。根っこが抱え込んでいる土の量が明らかに違います。※アスファルトに直に置いて撮影したので、見づらいですね。次回からトレイなんぞを使います。土を綺麗に洗い落として根っこも観察してみました。ソイヤ株の方が直下根(太い根)が多く出ています。出穂期になると直下根は出なくなり細根がでますので、分けつの今の時期は、この直下根が多いのが好ましいのです。



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/5
この記事に対するトラックバック