鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< なければつくる、あるものでつくる | main | 2010年トマトの比較栽培:フルーツレッド-4 >>

2010年藍の比較栽培-4

お久しぶりの、藍です。
前回、草をたたいてから約1ヶ月、梅雨の間、藍も草も元気よく育って・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



ソイヤは左から2列目と5列目に、1,000倍液を1畝に5リットル散布していますが、前回は6月5日、2週間に1回の予定でしたが、梅雨の間は散布せず、なんだかんだで今日、2回目の散布になりました。1ヶ月以上あいたので、来週にも1回散布する予定。見た目、あまり変わらずです。

今週早朝、梅雨が明けて土が乾いたので、2日に分けて三角ホーで草をたたきました。一番右の畝とネットの間はまだたたいてません。緑一色で、たたく前はこれが一面で、どこに藍があるのか・・・状態でした。今はすっきり。左の畝のサイドから草を刈り始めたのですが、ちょうど真ん中あたりで、「これは効率が悪い」ことに気付き、刈り方を変えました。



左の写真、刈り始めは「土寄せ」と思って畝間から株元に向かって刈って土を寄せたのですが、このあと、株元近くに追肥する予定で、株元に土がこんもりとあるので次の土寄せができない・・・。株元に土を寄せたら、株元や株間の草をたたきにくい。
逆にしました、右の写真。株元から畝間に向かって刈り、土を寄せることで畝間中央付近を刈る必要がない。株間の草もたたきやすい。追肥したら、草が茂りだす前に土寄せができる。この2日で合計3時間ほどの作業でしたが、最初からこの方法で、草がこんなに伸びていないもっと早い時期に効率よくやっていたら、およそ1aの畑のホー仕事、2時間かからないでしょう。時間帯にも依るけど。
最近、ようやくですが、「この仕事なら・・・時間」を意識できるように。



昨日と今日の夕方、少しゴロゴロ・・・と聞こえたのですが、昨日はほんの少しパラッと降った程度、今日は一粒も降らず・・・。あれだけ、「もう雨はいらん。」と思ってたのに、降ってほしいなぁ・・・。

追記:7月28日

米ぬかと発酵鶏糞を株元に撒きました。



左から4畝目までに米ぬかを、5畝目以降に鶏糞を。株元に草が生え出したら、土寄せします。



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | comments(5) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

ナンジャモンジャさん、お久しぶりです。

藍を栽培しておられるようですが、蓼藍ですか?また、収穫して、すくもや藍玉を作ったりされるんですか?
するすみ | 2010/07/25 4:35 PM
するすみさん、ご無沙汰してます。
そうです、蓼藍です。友人の依頼で栽培してまして、友人は山科で今では貴重な本藍染をされています。
RyugoH | 2010/07/25 9:22 PM
それは素晴らしいですね。最近うちの安曇川の家の近くで工房を持っておられる琉球藍染めの方から藍の苗木を分けて頂きました。挿し木ですが根付くようであれば、植えてみようかと思ってます。
するすみ | 2010/07/25 11:39 PM
琉球藍染ですか、初めて聞きました。
挿し木でお困りになられたら、ご連絡下さい。
絶対に根付かせます!とは言えませんが、笑。
RyugoH | 2010/07/26 1:07 AM
心強いですね。琉球藍染めは蓼藍ではなくて、キツネノエゴ科の草で、栽培は簡単だと言っておられました。ただ、寒い安曇川の冬を越年できるかどうかが鍵みたいです。頑張ってみます。
するすみ | 2010/07/26 10:02 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/456
この記事に対するトラックバック