鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< お米、育てます | main | アリッサムの挿し木試験 from Tokyo−つづき >>

2010年藍の比較栽培-3

梅雨に入り、水が好きな藍も徐々に生長してきました。
定植前、草をしっかりたたかなかったので、ボーボーに。最初に処置しておけばよかたのに・・・。これも経験。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

三角ホーを買ってきて、まずは草を刈ります。おかげでホーのとがった部分、幅広の部分の使い分けがわかったような感じです。たしかにコレは便利、土の固さの違いでも、刈り方を変えるとわりとスムーズに。刈る時の腕の動かし方も、最初はすぐに腕がパンパンになりましたが、徐々に作業が持続できるように。とにかくいろんな作業をこなすことが肝心です。



草をたたいた後、株から少し離れたところに、発酵鶏糞をまいて表土と軽く混ぜました。株元に草が生えだしたころに、土寄せと同時に鶏糞を株元に与えます。



この画像は先週撮影したもので、今は30cmほどに育っています。この梅雨の間にしっかり根が張ってくれますように。



この畑のすみっこに、娘たちを植えましたが、いっこうに育ちません。師匠が「この辺は育たんよ。」、仰るとおりになってます。他に植え替える場所もなく、とりあえずこのままでこの後どうなるか、様子を見ることにします。
かわいそうだけど・・・。



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
ソイヤ−その他の栽培 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

第一回目の刈取り時期は、何時ごろになりますか。蓼藍にソイヤーどうでしょうか。
頑張って下さい。
中西秀典 | 2010/07/17 3:20 PM
ご無沙汰しております。刈り取り時期は花芽がつく前、ですよね。1回目は来月上旬ごろではないかと。来週中には近況をアップする予定、です。
梅雨の間はソイヤを与えてませんでしたが、土が乾いてきたら、また与えてみます。
RyugoH | 2010/07/17 11:00 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/440
この記事に対するトラックバック