鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< イネ、倒伏。 | main | クリスマスローズ、アシュウッド・ナーセリー。 >>

2008年ダイズの比較栽培:今津編−4

前回の栽培掲載から2週間、かなり大きく育っていました。今日の様子です。

↑中央の畦から右側の区画がソイヤ処理区。一目で左の対照区と比べて地上部が大きく育っていると感じました。

ソイヤ処理区の畝間=土の部分が細く見えます。
↓次は中央の畦からの撮影で、

土の見え方から、地上部の生育が違うのがわかります。株だけが大きくなっても意味がないので、最終評価は1株あたりの収量です。
観察後、この比較栽培に取り組んで頂いているHさんのところへ状況報告に。先日、他の農家さんとこの圃場を観察され、「土の色が違う」という話題になったそうで、ソイヤ処理区のほうが土の色がよく、微生物が多そうな感じ、というご意見でした。
圃場で葉面散布したわけではなく、播種前の種にソイヤをまぶしただけですから、土壌の微生物にそれほど大きく影響を与えているとはちょっと想像できないのですが、土が肥えてくれれば来年の栽培にもイイはずです。
今日は気付かなかったので、次回は土もよく観察してみます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/332
この記事に対するトラックバック