鍬人の野良日記

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
薪熱生活を送る日々。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 付加価値を生み出そう! | main | 生きてた! >>

鍬人くん3号の試作、その3

寒い午後でした。雨も時折降って、それなら野良仕事は中断して3号の試作を。でも、その前に!

鍬人くん2号や窯内部の気に入らない部分を改良。これで使いやすくなるはず。で、3号の試作を。

捨てなかったオンボロが使えました。試作段階なので、機能すれば十分。

3号です。見た目はシンプル。2号の焚き口とは違い、T字管は要りません。着火は写っている直管で行いますが、

燃料はここからポイポイ、投入します。測ってませんが60cmくらいの長さを投入できるとおもいますので、燃え尽きるまでけっこう時間を稼げます。焚き口はかなり広くてたくさん投入できますが、あまり入れすぎるときっと、ヒートライザーからボボボーッと焔がでてくるでしょう。なので、注意と給気調整が必要です。今日は短い枝や竹のみを少しだけでしたが、この蓋を閉めると燃料が少ないわりにすんごい熱量で、ヒートライザーから軽い灰がどんどこ舞い上がってきました。暖房性能としては上出来でしたが、ここまで灰がでてくるとは・・・。まぁ、浴室なら問題はないのですが、火の粉はでてきませんように。

今回の試作。冒頭のヒートライザー基部だけでなく、すべてリサイクルで。給気調整を取り付けて、外側をそれなりに拭けば完成です。で、お次は4号の試作。2号の欠点を解消して、窯もこれまでとは異なる構造で作る予定です。んー、ちょっと梃子摺りそうな気がしますが、自粛の今、時間はたっぷりあります✊



FacebookTwitter、もよろしゅうに。
焔のある暮らし | comments(0) | -

スポンサーサイト



FacebookTwitter、もよろしゅうに。
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする