鍬人の野良日記

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
薪熱生活を送る日々。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< クラフト市ともみじ祭りでした | main | 種まきで19-20シーズン、スタート! >>

募集:ロケットストーブ教室 in 寶泉寺さん191125

先月に続いて、今月も!

9月に親友からのリクエストで花背で開催したロケットストーブ教室「製作&講習」バージョンが好評で、先月には交流させてもらってる寶泉寺さん(南丹市美山町)で開催させていただきました。

この時に第二部を受講してくださった方から「作りたい!」とのありがたいリクエストをいただきまして、今月も開催ということに!

以下は、Facebookのイベントページから。

『木の枝が燃料のロケットストーブ』
❝軽量❞や❝コンパクト❞を追究して独自に改良されていて、手軽に持ち運びできるのでとっても便利!
それでいて、調理できる火力も備えてるエコなストーブを作ってみませんか?!
キャンプや緊急時のエネルギー確保としても重宝します。持ち帰って、すぐに使えますよ!

このワークショップでは「製作」と「講習」を行います。作ったストーブを持ち帰って、すぐに使えます。
講習では講師が6年間で習得した技術のうち、基本コースの範囲で丁寧に解説します。
上手に燃やせると、煙がでません。そのためのコツを最重要ポイントとし、原理や特徴、欠点などもお話しします。

自分で作れそうだなぁって方のために、講習のみの参加もできます!
この機会に、ロケットストーブのある暮らしを始めてみましょう🔥
木の枝を山で集めることで、山の整備にもつながります♪

【第一部】 ロケットストーブ製作、10時〜12時
・1台=6,500円、受付台数=3台まで。
・ご夫婦や友人同士など、複数人数で1台製作のお申込み可能。
・リサイクルの一斗缶を使います。
≪お申込み状況≫11/12現在、1台。残り2台受付中。

【第二部】 ロケットストーブ講習&パン焼き実演(試食付き)、13時〜15時
・お一人2,000円、定員8名様
・前半は基本的な内容の解説で、後半に実演&パンの試食
・パンの試食量はお一人、強力粉150gで仕込んだ生地の1/4切れです。
≪お申込み状況≫11/12現在、なし。残り8名様受付中。

※第一部参加の方は、第二部もご参加いただきます。ご家族の方の第二部参加は、どなたかお一人でも受け付けてます。
※過去に講習を受講していただいた方は、第一部のみでもご参加いただけます。
※第一部に家族で参加の方および日本語を話せない方は、第二部受講費を割引します。
   お二人で3,000円。お一人増えるごとに、+1,000円。
※第二部のみの参加は、受け付けてます。お一人2,200円。
※第一部、第二部ともに小学生以下は無料です。

【お申込みについて】
astgreen※ares.eonet.ne.jp(※→@に)に、お申込み人数・参加希望の部(第一部からか、第一部のみか、第二部のみか)を送信願います。

日中は野良仕事などで外出してますので、すぐに返信を差し上げられません。ご了承願います。

〜〜〜補足〜〜〜
製作部品に、五徳は含まれてません。別途、必要です。煉瓦を使った五徳などの事例を、講習でお話しします。ガスコンロの五徳も使えます。
製作はストーブのみで、このストーブでパン生地を焼くための窯は製作しません。ご希望の方は、ご相談に応じます。
ストーブの修理なども対応します。修理内容に応じて、費用の有無が異なります。出店時もしくは星野自宅にストーブを持ってきてください。
〜〜〜〜〜〜〜〜

出張教室をご希望の方!うちの店でもやってほしい!とか。
企画してみますのでぜひ、コメント欄にご入力願います。

ありがたいことに、出張教室を2件いただいてます。

 

因みに。

ストーブをコンパクトに改造してますが、

これだけの火力を得られます。たった数本の小枝で!

ロケットストーブと乾いた木の枝をストックしていれば、緊急時とかにいつでも調理できます。水害などで木の枝が濡れたら無理なので、木の枝(燃料)を濡れないように保管してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



FacebookTwitter、もよろしゅうに。
ロケスト&パン企画 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト



FacebookTwitter、もよろしゅうに。
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック