鍬人の野良日記

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
薪熱生活を送る日々。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 味噌教室と、手製味噌食べ比べ&発酵のお話し会 | main | やまがたのマキロケパン >>

地区の一員に

区長業務もあと少しです。

最初はどうなることか?と不安でしたが、まぁそれなりに。いろんな経験や地区の多くの方々と交流ができたことは、大きな財産です。今回は自治会とは別の話で、区にある春日神社に関すること。役員の方に請われて先日、神社の敷地内に榊の苗木定植の手伝いを。

70歳前後の方々に交じっての作業でみなさん、後世に残していこう!とやる気満々。僕は平日でも参加できるし、チェーンソーをもっていて、何かと使い勝手がいいので(笑)誘っていただきました。おじさんたち、ユーモアや毒舌気味の冗談を連発させながら、きつい作業でしたが楽しそうに。

この枠を設置するのに、かなり難儀しました。みんな、素人なので。部品が足りない、柱が倒れてやり直しなどなど、柵の設置と苗木定植に丸二日かかりましたが、良い経験になりました。休憩時や昼食時などには地区の話題の会話が多く、貴重な情報源に。こういう活動に次世代の者として加えてもらえるのは地区に溶け込める貴重で大切な機会であり、ありがたいことです。おじさんたちのこの意思を継いでいくべき世代ですし、これからもなるべく参加させていただこうとおもってます。近々、境内にある大木を切り倒すそうで誘ってもらってますが、20mくらいあるんちゃうん?ってほどの特伐クラスで、林業のプロなしで大丈夫なんかなぁ〜とちょっと心配ですが。もちろん、すでに薪予約してます。

今日は久々に快晴で絶好の薪集め日和だったので、いそいそと山へ。

探しておいた立ち枯れ大物をカット。鋸の刃の先にも超大物が。さすがにあれは、ソーが必要です。去年9月の台風直撃で倒木が多数発生しましたが、まだ乾いてません。なのでどうしても完全に乾いてる薪も必要で、一部を切り出してズルズル運びました。

近くの斜面にも、立ち枯れ大物がうじゃうじゃ♪

これらの完全乾燥薪と台風倒木の半乾き薪とで、今シーズンは問題なく乗り切れそうです。さらに改良したマキロケ2号のおかげで、設置してる居間だけでなく隣の台所やその奥の風呂場も寒くなく、今季は霜焼けも免れてます。右足指がちょっと痒いけど、その程度です。薪集めには多大な労力と時間が必要で山からの自家調達は確かに大変ですが、得るものも大きい。プライスレスですしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
日常 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2298
この記事に対するトラックバック