鍬人の野良日記

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
薪熱生活を送る日々。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< みそかまき | main | 味噌教室と、手製味噌食べ比べ&発酵のお話し会 >>

初めての予約6発!

職人冥利につきまする〜!

先月から通い始めた友人が講師のヨガ教室に、今月も参加してきました。

お寺が会場で、今月から般若心経を唱えて厳かな気分で教室スタート。今年で半世紀生きることになり、体力仕事とはいえ体力不足の40歳からの野良仕事は、これからますますきつくなります。せめて、体をほぐして体を上手に使う術が必要と前々からおもっていて、おもいきって?ヨガ教室に通うことにしたんです。初回だった先月では、「こんな筋トレのような姿勢をみんなほんまにやってんの?」とおもうほど←僕が姿勢を間違ってる、生まれたての小鹿のように脚がプルプルしそうな体験でしたが、今月はそれはなし。少しは進歩したのか?それとも?

ヨガを終えて、講師手作りのローケーキと主催者さんの焙煎コーヒーで団らんタイムに実は!

予め予約をもらっていたパンを。その場で少し食べていただいて、大好評♪

自宅まで待てずに車中で完食でした〜!とか、子供と取り合いになった!とか、美味しすぎておかずいらな〜い!とか、もう嬉しすぎ。こうなったのは講師と主催者さんが僕のパンを気に入ってくれていて、タイミングがあえば食べたい!とリクエストをもらっていて、教室参加のこの機会に予約でというありがたいお話しに。お二人が在住の美山町はちょっと遠いのが残念。

うーん。大爆笑してくれてる講師。嬉しいけど一体、なにを喋ったんやろか?

喋る農家を目指してる(ウソ)僕としては気になるなぁ。ヨガ教室は月に1回水曜日開催で農閑期は参加しようとおもっていて、この日に来月も申し込んで主催者さんがすぐさま予約受付を始めてくれたら、その日だったか、すでに6発も。しかもプレーンが5個。これはまずい。ノブヒェン窯では1回に1個しか焼けず、しかも鍬人くん2号で寒くても軒下で焼き続けなくてはならず、焔に向き合ってるとはいえ、冬の夜中ならブルブル・・・。受付上限を20個でお願いして、もしも上限に達したら焼き終えるのに7時間はかかります。失敗に備えて予備の生地もとなったら、さらに。真夜中に焼くことになっても、せめて居間で使ってるマキロケ2号で焼けたら!

で、燃焼室をちょこっと改良してみました。

薪皿と言っていいのか?この皿を少し浮かして、下に通気道を確保。着火にやや難がありますが、

仮説通りにゴーゴー🔥

皿穴から灰が落ちて通気道を塞いでしまうのも難点ですが、吸気口から箸で時折灰をどけて道をすぐに確保できるし、着火も手慣れてくれば問題なくなるでしょう。火力が格段にアップしたので、今朝早速!

バリッ♪

天盤にセットした窯に生地を投入して、約20分。底が焦げました。皮に焼き色をつけるために15分後だったかに天地返ししましたが多分、それは窯でなくても焼けるはず。そうだとすると、15分で窯が空くことになり、1時間に4個焼けるかもしれない。さらに窯を2個セットできたら、1時間に8個焼けるかも。実現できたら、20個でも3時間あれば余裕で焼けます。できたらね。焼ける火力を得られるのは間違いないから、多分できる。いや、やらねば!

暖かい居間で焼けるし、真夜中でも寒くなく明るいところで作業できるのも助かる。ロケスト用に枝を集める必要もなく、焼き上がったパンを急激に冷まさない工夫もマキロケ2号なら容易だし、いいこと尽くしなのだ。来月のヨガ教室は2月13日。それまでになんとしても!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
出店 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2296
この記事に対するトラックバック