鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< カブ・デ・ヨーグルト | main | 屋内ダクトチェック設計 >>

乾燥器活用

もちろん、乾燥器は買いません。

まぁ、買えません・・・が実情ですが、経済的に余裕があっても買いません!

昨日仕込んだ、カブ・デ・ヨーグルト。

マキロケ2号の傍に置いて、プリンみたいにプルプルと固まり始めました。これからどのくらい固まるのか?野菜によって乳酸菌が異なる?固まり具合が異なる?のか、楽しみです。これはおいといて、洗った鍋を乾燥させたり、食材を乾燥させたりできる場所がほしい!と前々から。食材については、例えば塩やきび糖。水を飛ばしてサラサラにすると、生地仕込みのときに作業が捗ります。宮重くんがたくさん採れたら干し大根とか、手に入れたら干し椎茸とか←これらは天井付近に棚をつくったほうが効率的とおもう。で、前々から目をつけてたのがここ。

マキロケ2号で思い付きで試した試作部品のいわば、その場しのぎ置き場。どっちみちさすがにこれは・・・で、片付けて床を掃除して、

やってしまおう!思い立ったが吉日。急きょ、ダンボールをホームセンターに持ち込んで、買ってきた煉瓦を敷きました。今回は10個←かなり重かったので。薪の乾燥置き場にもうってつけです。夜は丸太状態でボンボン投入して燃やしてるので、ストーブ周りに10個くらい置けたら十分←一晩に6個くらいかなぁ。

ヒートライザー出口付近の詰まりチェックのために改良が必要で、ついでにその部分も乾燥器に。完成したら、屋内ダクトの詰まりチェックに配管を分解する必要がなくなります。さて、どんな構造にしようか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
焔のある暮らし | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2291
この記事に対するトラックバック