鍬人の野良日記

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
薪熱生活を送る日々。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ダクト手入れとマキロケ2号 | main | はをまもるために >>

今年の抱負、2019

年明けには、焼き餅とみかんは欠かせません。

三が日を実家でぐうたら過ごさせていただき、ようやっと普段の生活ペースが戻りつつあります。今日は朝からちらちらで、野良仕事や山仕事はお休み。区長業務で役所に行ったりで過ごしました。先月にダクト掃除したおかげで、マキロケ2号は快調。今季は霜焼けを卒業できそうです。お餅の焼き加減も、

だいぶわかってきました。多少焦げることはありますが、綺麗な焼き色で焼けて満足満足♪

気分の良いところで、今年の計画を書いてみようとおもいつきまして。

【農業】

去年は悲惨でした。年々自然災害が大きくなってるようにおもうし、去年から露地でトマトが烏に狙われて、全く採れない状況を打破する必要があります。畝数を限定してネットを張って、被害を防げるか?試験栽培の予定ですので株数を減らします。防げることがわかったら、徐々に増やします。それまで我慢。ビニールハウスもそろそろ修復せねば!

11月から始めたmyライ麦パンプログラム。1年サイクルでの活動は初めてで、今は手探り状態。それをご理解いただいた上で、今回はお二人に参加していただき、この先どんな内容を取り入れていくか、ご意見や感想をもらいながら充実させていきます。

出荷品目は今のところトマトだけですが、大蒜を追加しようかなぁ〜と検討中。増やすのは基本的に日保ちする作物で、大蒜を薪熱オーブンで焼くと、けっこう美味いんです。栽培も手間がかかりませんし、トマトと栽培時期がほとんど重なりませんしね。黒豆も栽培しますが、去年は露地Aで鹿にやられて採れた種は2粒ほど・・・。露地Aでmyライ麦パンプログラムを行ってるし、今年からしっかり防御しないと。

そうそう。先日、友人から無花果の苗木を分けてもらいました。3本。今ちょうどみかんの苗木をホームセンターなどで販売してますので、みかんも植える予定です。果物でみかんだけは欠かせません。できれば梅も育てたい。もちろん梅酒♪

栽培したいのは、己が好きなもの。物販よりも、パンの具材に使ってみたり、農業体験で活かすことを考えてます。余裕があれば、出店でちょこっと販売できればいいなぁ。季節の味を楽しんでもらえれば。

【ロケストとパン】

生地の発酵調整がだいぶ掴めてきました。課題としては、種酵母を常に元気に維持することと、前夜の成形時に発酵が不十分な場合にどやって補うか。ロケストの性能が去年1年間でかなり向上しましたから、これらの課題を掴めたら、焼き上がりが安定します。ペール缶ロケストの鍬人くん2号は、さらに進化します。今、焚き口の改良を構想中で、図面がおおよそ完成しました。ポイントは二つ。燃料を沢山投入できることと、焚き口の熱を活かしてオーブン調理できること。燃料を沢山くべられると、調理作業の時間を増やせます。ありがたいことにパンを気に入ってくれる人が少しずつ増えてきたので、調理にもっと集中したい!

この5年間、鍬人くん2号を改良し続けたおかげで、パンだけでなくロケストにも関心が集まり始めました。なかなかまとまらないのですが、ロケットストーブ教室のレクチャーコースと製作コースを考えてます。なんとか今月中にはチラシを。

【焔のある暮らし体験】

色んなメニューを用意して、例えば2時間でお好きなメニューを選んでもらうのはどうかなぁ〜って。基本的にはマキロケ2号を囲みながらパン焼きや薪熱料理を体験してもらうことを考えてますが、「山に行って間伐見学とか、材を切り出したり環境整備で汗を掻いてみたい!」って希望があるかも?

因みに。パン焼き体験では、生地が膨らむ様子を観察できる窯を作りましたので、観て楽しんでもらえるとおもいます。ただ、ノブヒェン窯のように皮をバリッ!と焼けなくて、そこはご容赦を。それを補うために今、燃焼室内で焼けるように実験してます。メニューについては出店時に意見を聴かせてもらったりして、企画していきます。薪活用だけでなく、鍋敷きとかまな板とかを製作販売して、その一部を活動費に充てることで間接的に環境整備に関わってもらえる仕組みも考えてます。水平に切るには電動ノコを買わないとね。慣れるまでは、どこかでお借りできればいいのですが。

 

大きく分ければ、この3つ。実績を少しづつ重ねていこうとおもってます。とにかく己が好きなこと、やりたいことで生きていくこと。その幸せを伝え、その想いを共有できる人とつながっていきたいと願ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
事業 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2288
この記事に対するトラックバック