鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ロケスト教室、準備中 | main | スワンマーケット1811でした >>

養生フェス2018でした

初めてだったかも。

一昨日の日曜日は、美山里山舎さんで開催された養生フェス2018にお誘いいただいて初出店。2016年から開催されていて、

「健康のものさし」を変えてみよう!をテーマに、様々なワークショップやコンサートなどが催された催しに急きょ、出店させていただけることに。美山里山舎さんは、身の回りにあるものを活かした地域循環型の生活を温故知新で実践されています。で、木の枝が燃料のロケットストーブということで。

前回のみとき屋クラフト市では11個の生地を仕込んで、10個が嫁ぎました。今回は調子に乗って15個に挑戦やーーー!と意気込んで仕込んだものの、予想以上に発酵が早く前日の夜から冷や汗ものでしたが、なんとか過発酵ゾーンに突入することなく、

15個ともきつね色に程よく焼けて、膨らみも頃合いに♪

いびつな形に膨らんだのが1個ありましたが、焼き色・膨らみともに一つもミスなく無事に焼き上げられたのは初めて。そのいびつな1個も、ご婦人が「形は気にしないわ♪」と。今回、友人一人以外は初対面の人ばかり。友人が「建物内で食べてる人がみんな、美味しい美味しい!と言って食べてますよ」と教えてくれました。特にしおゆずパン8個分の生地は、

当日のご予約で14時ごろだったかに受付終了。こんなことは初めてです。ご予約いただくときもみなさん、満面の笑みで♪

15個の焼き上がりも、すべて嫁がせていただけたことも自信になりました。ロケストパンを始めた頃は6個でもアップアップでしたが←去年?、この冬の目標達成!

昨日の朝と今朝も、窯が熱くなかったので焼き色が薄かったのですが、焦げることなく膨らみも良好。焼成技術も問題なしなので、次はやはり一度にせめて2個焼けて排熱口でも調理できる窯を作らねば。こ、これは、これまでで一番難易度が高い課題・・・。予想としては、来春までに試作機ができて、焼いてみて納得いかず改造を持ち越して、来秋の完成を目指す!ってところかな。

それはともかく、この日の夜は、

ヱビスのロング缶を初めて買った気がします♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
催し | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2281
この記事に対するトラックバック