鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< さまさま市でした | main | スワンマーケットでした、1810 >>

マキロケ2号、始動!

嬉しい誤算でした♪

まだ10月上旬なのに、夜はけっこうな冷え込み。去年の冬に居間に設置したマキロケは煙漏れにかなり悩まされたものの、ロケストとしてはまあまあの性能でしたが、パン生地をまともに焼けないという大きな欠点があり、今年の春からマキロケ2号の構造をうんうん考えてました。

昨日、マキロケ(ベースは時計型薪ストーブ)に装着した部品をとっぱらって、マキロケ2号ではストーブ本体をそのまま使って、排気口にヒートライザーと下りダクトを接続して、マキロケで使っていた室外への上りダクトに接続しました。なので、マキロケ2号の製造はあっというまに終了。早速、着火試験を。

引き始めるまでは煙が逆流したり、接続部から煙漏れが発生しましたが、一旦引き始めると煙漏れは即解消し、小さな吸気口からの吸気だけで盛んに燃えます。想像以上のストーブ性能です。薪ストーブをそのまま使ってますから、マキロケと違って大きな薪を投入できて、1時間燃焼なんて楽勝!

前室の天盤を開けても煙の逆流はなく、これならここから生地を投入できます。扉を開けると煙が多少逆流することがありますが、盛んに燃えて引きが強い場合は大丈夫。煙は来なくても熱は四方に飛ぶので、前室をオーブンとして使えるはずです。マキロケ2号では、

天盤をフルに使えるので、鍋や薬缶をたくさん置けます。場所によって火力が違うので、日頃は鉄鍋とガスで炊いている玄米をマキロケ2号で炊けるでしょう。時間に余裕があるときは。ともかくも、早く前室に生地棚を設置してパン生地を入れてみたい!

今年の冬はかなり楽しめそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
焔のある暮らし | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2274
この記事に対するトラックバック