鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ライ麦、収穫♪ | main | ロケストパンと風対策 >>

種を蒔こう

今朝、久しぶりに青空を拝みました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ブログも久々の更新になってしまいました。元気に過ごしております。が、今回の豪雨はさすがにヒヤヒヤもんでした。

これは7日の16時ごろ。予想していたよりは通路に水が溜まってなく、5日にここ露地Aの下流に位置する水路の泥上げを行ったおかげかなぁ。畝が水没することは一度もなかったようです。写ってるアブラナ科は蕪。自給用に少しですが、珍しく栽培してます。肝心のトマトはといいますと、

2株だけ完全にアウトで、サビ病らしき病気の株はその部分は枯れましたが病気にかかっていない茎葉は元気に。でも、怖いのはこれから。土中には水分たっぷりで気温が上がると、土中に青枯れ病を引き起こす病原菌(orウィルス?)が残っていて暴れ出すと、4,5年前の悪夢が再現する可能性があります。考えられる排水対策は施したので、あとはもう祈るしかないです。この2,3日が勝負どころです。

今回の豪雨。広範囲で長期間降ったので、作物の値上がりは間違いないとおもいます。冒頭にも掲載しましたが、今年から少しずつでもいわゆる青物をちょこちょこっと種まきしてます。こんな感じに。

トマトの株脇に、青梗菜とか小松菜とか。野草が生えるんなら、野草の替わりに野菜を!とおもって。場所を見つけては、雨が降りそうなときの前に1箇所にちょっとだけ蒔いてます。これなら僕でもなんとか続けられそう。青物栽培は苦手なんです。放置してすぐに草まみれにしてしまうし、草取りも億劫で、そもそも種まきがへた(笑)。まあそれは気合が入ってないからなんですが。ちょっと蒔くだけなんで、作業の合間に気軽に蒔けます。これに気づいてからは、冒頭の画像のような数mの範囲の種まきはやらなくてもいいか・・・と←準備が面倒で。ある程度野草と一緒に(埋もれて?)育つほうが、虫食いに遭いにくいかもしれませんし←実験です。

実家にも電話して、とにかく種を蒔いて!草まみれになってもいいから蒔かないと採れない!と頼みました。この先何が起こるかわからないし、ちょっとでも自給したほうが食料があるほうが安心感があります。明日からは、

こんな青空が広がるのかな。梅雨も明けるんでしょうね。いよいよ、夏です。露地のこまはまだ青いままですが、発病がなければ、今月下旬あたりには収穫スタートできるかなぁ〜と期待してます!

両ハウスは育苗で遅れて、結実はまだまだ先です・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
緊急 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2265
この記事に対するトラックバック