鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 憧れへの一歩を踏み出す前に | main | マキロケパンを目指して >>

多機能化へ、鍬人くん2号

今年も第3土曜日はスワンマーケットで!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日のスワンマーケットは、数か月ぶりに出店日和。今月もいつものメンバーで僕は今月も、

焼き芋とロケストパン。残念ながら仕入れた薩摩芋が先日の大寒波が原因とおもうのですが大半が腐り始めていて、少ししか焼けませんでしたが、

はしっこを削ってじっくり焼いてトロトロ〜♪

来季は仕入れた薩摩芋が腐らないようにマキロケの暖房能力を上げて、マキロケが消えている就寝中もなにか防寒対策を打たねば。晴れてるとはいえ冬の野外でロケットストーブを正常に稼働させるには防風防寒が必要で急きょ、昨日の午後に焚き口を改造。一斗缶で覆ってみました。もちろん、取り外し式です。

焼けた焼き芋をどうやって保温するか?がこれまでの悩みどころでしたが、例えば画像の焼き芋をステンレストレイで覆えば頃合いに保温できそうです。キトゥンさんに借りた網を一斗缶に置けないのを、うんうん考えてクリップを使ってカバー。人間、やっぱ諦めずに粘ってみるもんです。画像の食パンは出店仲間、シロさんの。美味しいのでしょっちゅう買って食べてます。生地400gだそうですが、出店中に全部腹の中に。スライスしてカリッ!と焼くと一層好みに♪

焼き芋を焼き終えてから、

ロケストパン2発!

焚き口の改造が不十分で、2個目(手前)を焼くころには焚き口奥で炭が溜まって火力が上がらず、少々煙味だったそうで・・・(キトゥンさん、すみません)。不完全燃焼を起こすかも・・・と予想してましたが案の定。ただちに改善します。他にももっともっと手をかけて、単に食材を保温するだけでなく一斗缶内で調理できるように構想中。できれば。小さい生地をオーブンで焼けるようにしたいなぁ。そういや最近、ココットの出番がないしなぁ。もったいない。焚き口の上でも、薬缶でお湯を沸かせたらメニューが広がります。缶内が熱ければ、焚き口内での燃焼を助けることにもなっていいこと尽くめ!

今日、ほんとは3個焼く予定でしたが、最後の1個を諦めて自宅で焼くことに。僕もロケストパンを食べたいと運転中ににやにやしてましたが、距離が縮まるにつれて足元が冷えてきて断念←マキロケのせいで根性なしに・・・。でも、最近のマキロケの燃焼能力を考えて、

何事も楽しむ心が、次に先につながります。以前と比べると火力は十分。インナーをかぶせれば、すすだらけを解消。生地底も焦げたのはほんの少しで、これもアルミ遮断で十分。この窯では小さいサイズしか焼けませんが、もう一回りくらいはサイズを大きくできそうです。これができるのもロケスト機能のおかげ。そうか。燃焼室内の薪を立てて燃やせれば効率よく焼けるはずで、サイズアップもできるかも。

冬の頭の中は、越冬栽培とロケストでほぼ埋まってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
催し | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2229
この記事に対するトラックバック