鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< マキロケとつきあうために | main | 多機能化へ、鍬人くん2号 >>

憧れへの一歩を踏み出す前に

まずは情報収集を。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まだ本業の農業もままならないって状態ですが、やりたいことがたくさんありすぎて困ります。でも、そこが田舎暮らしの醍醐味。今年は越冬栽培が成功しそうですし←予定は未定、いろんなことにちょっとずつ無理のない範囲で着手していきたい。今年はノブヒェン窯の欠点を解消した独自の窯←頭の中で構造思案中、収穫したライ麦や黒豆を使った鍬人パン←とっくに収穫は終わってる、ヴィーガンチーズもどき←これは試作開始、できれば燻製作りも始めたいのですが前々から、

ビニールハウスの周囲に木屋を造りたいなぁって。いきなり木屋はハードルが高いので、まずは居間から外に出たところに雨をしのげる軒と床をつくって、部屋からそのまま出られる空間に。秋の夜長に一献とか♪

床は木製パレットでいけるんですね。パレットなら手に入りますが、同じサイズとなると手に入るのを気長に待つしかないかも。基礎はどうするん?とおもってましたが、ブロックに柱を置くだけでいいとは知りませんでした。建物の重みで動かないんでしょう、多分。

柱を組むのはこんな感じでできるようで、見た目には簡単そうに見えますが実際やると梃子摺るもんでしょうね。ま、何事も回数です。

なるほど。これなら寸分の狂いなく穴を開けないと・・・って不安はないですね。プロのお仕事の要素がうんと詰まってました。なんとかなるんじゃないか?とおもってますが、その前に大家さんにまずは構想をお話ししてご承諾をいただいてから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
日常 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2228
この記事に対するトラックバック