鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 幸せのありか | main | マキロケは大人の火遊び🔥 >>

2017年、総括

今年も1年が経ちました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今年も相当厳しい1年でしたが、その中にも光明を見いだせる1年でもありました。

まずはトマトから。今年は育苗で大失敗して、その時点で結果は見えてました。就農して7年目、待ってくれるお客さんが少しずつ増えてきた矢先でしたから猛反省。ですが、毎年悩まされてきた青枯れの対策が見えてきました。結論から言うと土中の水分過多が原因でいかに排水を改善できるか?が焦点で←基本のこと(恥)、ハウスも露地Aも排水は一気に良くなりました。さらにはこの改善で土が乾いて硬くなったからとおもうのですが、ハウスAでのしつこい土竜の侵入が激減しました。来年はきっと、発病数が減るとおもいます。連作障害で中止していた露地Aでのトマト栽培も、来年再開します。まずは2〜3畝で。それと今、毎年挑んでいる苗の越冬栽培はすこぶる順調で、温床の発酵を持続できるコツがつかめた感じです。あることがきっかけで去年までとは異なる方法を試していて、世話をきっちり続けていれば、トロ箱という小さい体積でもなんとか発酵を維持できそうです。今年の12月は例年よりかなり寒い中での成果ですから、かなり期待してます。目標の4月上旬のハウス大苗定植をなんとしても成功させて、病気による枯死を減らし、6月〜11月収穫を実現させたい。

農業全般では今年も獣害で稲は全滅し、さらには大型台風で畦が崩れて柵がなぎ倒され、厄介な補修が待っています。この冬にぼちぼち直します。露地Aで南瓜や大豆の生育が良く、排水改善のおかげとおもいます。黒豆を少しだけ栽培し、来年からは株数を増やして丹波の黒豆パンを!

ライ麦も栽培はいいのですが、農繁期での収穫以降の作業をいかに効率よく行うかが今後の課題です。ライ麦パンを焼きたいですからね。

パン事業は、晩秋での教室再開に手間取っているのが大きなマイナス。技術的にはコンロパンもふらいぱんも去年と比べてかなり進歩していて、コンロパンはいつでも大丈夫。ふらいぱんは改良案でさらにふっくらと膨らませることができるんじゃないか?という部品を加工試験しているところです。うまくいけば、ふらいぱん用のオリジナル商品ができるかも?!

ロケットストーブもかなり進化しました。野外用の鍬人くん2号の焚き口を改良して、不完全燃焼をかなり抑えることができたので長時間稼働するときでも煙モクモクが以前と比べて減りました。出店先などでロケスト使いの認知が広がってきて、鍬人くん2号を使ったイベント企画を来年からは進められそうです。現状の構造では風に弱いことと一度に1個しか焼けなくて食材出し入れで熱を無駄にするという欠点があり、解消案がでたので今季中に改良できるかどうか。この3点を克服できたら、かなり高性能な野外用ロケストになりますが、後者2点は来季までに完成できれば上出来です。室内用のマキロケは想像以上の燃焼能力を発揮してくれて、今や台所は暖かく、脱衣所や風呂場も寒くなく覚悟なく普通に風呂に入れるようになったのは幸せです。おかげで今季は足指で少し痒いことがありましたが、手指はまだ霜焼けになってません。マキロケ2号案もでて、これは来季に持ち越しです。予想では暖房・調理ともに使い勝手良くなるはずです。

今年は夏原グラントと緑の募金、赤い羽根共同募金の3つの助成金認定。計画通りの進捗ではありませんが、それなりの結果を残せているので来年はステップアップできそうです。緑の募金認定はちょっと意外でしたが、申請書のコツを掴めてきたとおもいます。

今年の出店は、スワンマーケットと因幡薬師と八木青空市の3つで毎月出店し、少なくとも赤字はなくなりました。これは大きい。トマトもパンも焼き芋も、徐々に楽しみにしてくれているお客さんが増えてきました。季節ごとに出し物ができたことも大きな要因かな。緑の募金活動で、山の恵みの商品化に取り組むことで年中物販を可能にできれば安定感が増します。林業技術習得のため、来年度から近隣のボランティア団体に参加することにしました。構成員は経験豊富で様々なことを教えてもらえて、道具も借りられるようになりそうです。

今年も経済的に厳しい年でしたが、各事業を進捗できる体制になってきました。来年も怪我なく、充実した1年になりますように。

それでは良いお年をお迎えください。

来年もどうぞ、よろしゅうに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
事業 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2218
この記事に対するトラックバック