鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 山の恵みを考える | main | 今季のライ麦栽培は >>

呼び名変更、マキロケ!

ゴーゴー!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨シーズンに作って使っていた暖房ロケスト2号。それなりにがんばってくれていましたが不完全燃焼をおこすことが多く、その度に扉の硝子に煤がついて、しまいには拭いても拭いても取れなくこびりついて燃焼室の中が見えにくい状態に。でも今季の暖房ロケスト3号では、不完全燃焼を起こさないであろう構造に改造したおかげで一度も煤がつかないどころか、

去年の悔しさを拭い去るように、新聞紙で何度か拭き拭きしたらスッキリ!

燃料投入で扉を開けるときに煙がでることがありますが、燃焼室が煙で充満することも一度もなく毎晩、絶好調で燃えてくれます。ヒートライザーに盛んに引きこまれるので、熾火状態でない時に扉を開けても煙はでてもほんの少し。この点はロケットストーブ機能のうれしいところ。まだオーブンルームをとりつけてないのでそもそもの目的を果たせてませんが、暖房器具としてはあたかも薪ストーブにような性能を発揮してくれていて予想以上です。

そのご褒美に?、暖房ロケスト3号からマキロケに呼び名を変更することに。薪ストーブ、ロケットストーブ、それぞれ単独のストーブと比べると性能は劣ると思いますが、着火してから30分後には薪が盛んに燃えて6畳のこの部屋は少なくとも寒くはありません。着火してから薪が盛んに燃える状態になるまでの時間は、薪ストーブより速いとおもいます。これだけ燃えてくれるのなら、ひょっとしたら本体の中で生地の型焼きができるのでは?と今からその構造を練ってます。お楽しみは来年に。それまでさんざん悩みます♪

オーブンルームはこの冬の間にとりつけたいけど、部品加工でちょっとひっかかることがあって考え中。でも、朝にこのマキロケで焼きたい。ま、どうしても焼きたいなら、燃焼室の蓋の位置でなんとか工夫して。ここで焼けるようになっても、オーブンルームで南瓜の丸焼きや焼き芋を焼きたいし。鍬人くん3号の製作にもそろそろ着手しないと・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
焔のある暮らし | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2209
この記事に対するトラックバック