鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 眠りから覚めた鍋 | main | 焔のある暮らし普及活動のご案内、1712 >>

暖房ロケスト3号、心臓部完成

火鉢生活、卒業しました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日は穏やかな一日で、こういう日は野良仕事が捗るのですがこっちも必要に迫られていたので。

暖房ロケスト3号の製作に勤しみました。本体に時計型ストーブを使っているので、そのまま薪ストーブとしてしばらく使うのも一案でしたが、やはりロケスト機能の向上を果たしたかったので。上の画像部分は外からは見えないので、ここまで細かく加工しなくても・・・とおもうけど、

直管を通したときに隙間を小さくできるので、この加工に1時間くらいかかりますが手を抜けません。去年の2号は煙漏れに散々手間取り、通常のロケストよりは広い燃焼室を確保できたとはいえ、1時間の燃焼は難しく、なによりも肝心の空気の引きが弱く、3号はこれらの欠陥を解消。

ひとまず、燃焼室からダクトまで接続できたので初夜を。お楽しみのオーブンルームの取り付けは先延ばし。もともと、暖房ロケストは朝に焼きたてのパンを食べたくて鍬人くんで外で焼いてましたが冬の朝は寒く、室内でパンを焼けたら暖房にもなる!と一石二鳥を狙って始めましたが、今年はあまりに早く寒くなったので暖房優先。3号はかなり引きが良く←というより2号では構造を間違えていた、隣の台所や浴室に立っても熱気を感じるほど暖房能力が格段にアップしてます。まだ試してませんが、部品取り付けでさらにアップできるはずで、客人を迎えて隣の和室も暖房できればいいんですけどね。

薪の調達も問題ないし、薪置き場も新設中。山の恵みをいただいて、田舎暮らしを存分に楽しみたい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
日常 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2205
この記事に対するトラックバック