鍬人の野良日記

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
薪熱生活を送る日々。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< トロ箱温床、いけるかな | main | ロケストでつながる輪 >>

楽しい季節がやってきた

使い始めるともう、手放せません!

今朝は道が。

初霜でした。寒い寒い。今夜は一段と冷え込むと天気予報で言っていたので、日が暮れる前に帰宅して暗くなる前に夜の準備を。

まずはロケストで炭と豆炭行火を熾して、ついでにお湯を沸かして湯たんぽも。10分ほどかかりますが、炭のはぜる音が心地よく聴こえます。煙がでても問題ない場所では、ロケストはとても便利。ガスでも炭は熾せるしガス代はしれてるとおもいますが、楽しさが違います。燃料の確保やスイッチ一つってわけにはいかず不便とおもうか、手をかけて得られる暖に楽しいと思うか。まぁ、そこは人それぞれです。

熾した炭を火鉢に。

薪ストーブの組蓋とケーキクーラーを五徳代わりに。炭を消したい時に中央の蓋を置けばいつでも消せるので、便利なんです。火鉢1個だけでは部屋を暖められませんが、おなかに湯たんぽ、足首まであるスリッパ、膝にタオルケットで寒さをしのげます。身動きとれませんが。早いこと暖房ロケスト3号製作に取り掛かりたいのですが、農閑期とはいえ作業は山積み。設計もいつもながら二転三転してます。おかげで2号の欠点を解消できそうで楽しみです。薪もだいぶ集まってきたし、どんな燃焼能力を発揮してくれるかなぁ。2号ではオーブン調理はオーブンルームのみでしたが、3号ではストーブ本体でもできないかなぁ〜と頭の回路が回り始めてしまってこれ以上、延び延びになるのは困るんです。製作しながら考えて、今回は諦めるかも。どうせ毎年改造するんだろうから。

今夜のお供は今季初の豆炭行火。夜更かしせずに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
日常 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2199
この記事に対するトラックバック