鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ロケストの季節です♪ | main | 来春に向けて >>

49年目、スタート

この地にきて8年目。ようやく、先が見えてきました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今年もトマト栽培は厳しい年になりました。 今年は残暑がなく9月前半の夜が肌寒くて 、全くと言っていいほど熟しませんでしたが、

10月に入ってから中玉はそこそこ順調に熟して、量は少ないですが収穫してます。1房に7〜8個実ってる房がそこそこあって、年々増えてる傾向です。もう少し多めに有機物やミネラルをふると、平均的にこのくらいは実るとおもいます。潅水もそうですが、味が落ちない程度に量を抑える必要があります。それらの匙加減が難しいところ。排水を改善したおかげで1〜3列目で青枯れらしき枯死はかなり減りましたが、排水が不十分な5〜6列目はほぼ全滅・・・。この冬に排水改善すれば、来年は枯死数を減らせて1房あたりの収量も増やせるはずです。排水を改善したおかげとおもうのですが、

あれだけしつこく侵入してきた土竜が入ってこない状況が、この数か月ずっと続いてます。大雨のときに土竜穴からの雨水浸水がなくなったのはものすごくありがたい。シシリアンルージュを栽培してるハウスBは夜間に山からの冷気が直接あたるからか、ハウスAでは熟し始めてもBではなかなか熟さず、最近になってようやく。

最盛期はあとわずかですが、少しは収穫できそうです。でも今日からしばらく雨が続きそうで・・・。今年はたった1株だけですが、シシリアンルージュの越冬株で収穫できたので、来年は両ハウスで少しでも多く越冬大苗の4月上旬定植を目指します。成功の鍵は安定した温床の発酵ですが、いかんせんトロ箱では量が少なく毎年難儀してます。でもこれをクリアすれば、大きく飛躍できます!

露地Aでも排水改善のおかげらしく、

無事に育ち、今年は大幅な生育遅れで収穫できそうにないですがこちらも来年からは期待できます。ひとまず来年は1〜2列目で50株ほど栽培する予定です。具体的になんとかなりそうな状況になりつつあります。露地Aがようやく畑として機能しそうで、

近所の方にわけてもらった白菜です。5列目だったか。以前の平べったい畝と比べて畝が高くなって、ようやく畑らしくなってきました。畝はさらに高くできます。数年後にはこの畝でもトマトを青枯れになることなく栽培できるはずです。

こちらも、技術的にかなり向上しました。

ガスコンロで消火センサーを作動させず、こんがり♪

フライパンで焼くふらいぱんの改良案がでたので、これにきりをつけたら教室再開。今のでも悪くはないのですが、できればもう少しグレードアップさせたい。ロケストの鍬人くん2号の改良案もわんさかでてきて、ひょっとしたら4箇所で焼ける3号をつくれるかもしれず、面白ことになりそうです。

とはいっても目の前の、今の生活もテコ入れが必要で、幸いにも先月から村にある運送会社からバイトをいただけるようになり、役に立ってるようです。短時間の仕事を少しずつ依頼してもらえるようになり、まめに対応していけば運送会社やお取引先からも仕事が舞い込むやもしれず、農閑期に貴重な収入源になる可能性も。加えて地元での交流先が増えるのは、これからの事業展開にとても大切です。なにはともあれ田舎での個人事業にとって、複数の業務で収入源を確保するのはとても重要です。あと2年で半世紀生きることになります。それまでにはしっかりした事業基盤を!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
事業 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2189
この記事に対するトラックバック