鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ご縁で加速 | main | 乗ってきた♪ >>

希望の実り

ここまで違うとは!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最盛期を迎えて秋晴れが続いてるので、

真っ赤に熟し始めてるのですが、3日前に長雨と大雨があったにも関わらず、ほとんど実割れしませんでした。去年までなら大雨が降るとパンパン割れてましたが、排水を改善したおかげで。このメリットはとても大きく、完熟させたいのに雨の予報があると降る前に収穫せざるを得なかったのですが、割れないなら収穫する必要がなく、そのまま完熟させてから収穫できます。大雨で実割れするのは急激に吸水するからで、そうなると味も落ちます。実割れしないということはそういった吸水がないってことになり、味が落ちにくくなります。今のところ青枯れもでていないし、相変わらず土竜の侵入もなく、いいことづくめ♪

青枯れが3年続いて途方に暮れていた露地Aでも、

今年はたった2株ですが、旺盛に育ってます。葉っぱばかりに見えますが、花芽もようやくつき始めました。2株ともたまたま生き残ったって可能性も考えられますが、ここも排水を改善したのでその効果の可能性が高いでしょう。そうあってほしい。ハウスも露地も来春までにさらに排水を改善すればある程度、計画通りに収穫できる可能性がみえてきました。両ハウスとも去年から虫害がほぼなく、青枯れもなくなるなら、あとはミスをしないこと。異常気象だけはどうしようもないですが、来年からは豊かな実りをもたらしてくれるはずです。まぁ、何があるかおこるかわからないのが農業ですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
トマト栽培 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2181
この記事に対するトラックバック