鍬人の野良日記

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
薪熱生活を送る日々。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



FacebookTwitter、もよろしゅうに。
- | - | -
<< 焔のある暮らし普及活動、始動 | main | 今年の攻防戦は >>

山羊さんがやってきてました

かなり更新が・・・。お盆前の話です。

先週の土曜日、地蔵盆が終わりました。来年は区長ですので、毎年80人くらい集まるこの催しで指揮を取らねばなりません。今は会計として、出納帳や決算書作りを。さて、本題に。お盆前にやってきてました。

友人米農家の家族、みみちゃん。数日間預かることになったのですが、酪農の経験はなし。でも毎日の搾乳、水と岩塩の確認さえすれば、あとは草の生えている場所でリード付きでほっておけばいいそうで。画像に写ってるイネ科の野草とかも食べるのですが、

クリとかナラの葉っぱが大好き!

若葉を?とおもってたら、硬い葉っぱもむしゃむしゃ。届くところのは、まさに手あたり次第。好みの植物がなければ、イネ科の野草とか笹とか枯れ草でも食べるそうです。この子はメスなので、

こうやって搾乳するのですが、これがまた難しかった。一番最初はつかみづらくて上手く搾れず案の定、嫌がられました。それでも1時間くらいかかってやっとこさ、1回あたりおよそ1リットルの山羊乳をゲット。ヨーグルトやフレッシュチーズを作って楽しめました。焼きたてパンに手作りチーズ、この上なくベストメニュー♪

でも今の僕にはメス山羊を飼うのはハードルが高い・・・、とおもってたら、「飲みきれないので、搾りにきてください。」

いきます、行きます!

パンにヨーグルトに発酵ドリンクに加えて、チーズ作りも。楽しみがまた一つ増えました。しばらくは安定してフレッシュチーズをつくれることが目標ですが、熟成させるには?興味津々です。原材料が手に入るのなら、挑戦してみたい。それともう一つ。メス山羊は難しくても、オス山羊ならなんとかなるかも。

この棚田も柵を作る予定ですので、飛び越えないように作れば放し飼いできます。棚田3枚の栗園も柵で囲われてますが、届く範囲は片っ端から食べるでしょうねぇ。それを覚悟の上でなら。2枚目と3枚目の管理者さんの許可も要るし、僕が管理してる1枚目でしか無理か。冬の餌確保も課題で、積雪のときは雪で覆われていない場所にお散歩すればクリアできるかも。なんせ、勝手にむしゃむしゃ草を食べてくれるのですから、ものすごく魅力的。癒し効果も♪

いつかは飼ってみたいですねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



FacebookTwitter、もよろしゅうに。
農業 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト



FacebookTwitter、もよろしゅうに。
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック