鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< コンロ窯、ピザバージョン! | main | 焔のある暮らし普及活動、始動 >>

見えてきた手播き稲作

追い詰められた時こそ、でてくるもんだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今年の稲作は直播や田植えまでに終えるべきレーキ除草をある程度終えたのが遅く、手播きの直播きを終えたのが6月10日あたり。これ以上遅らせることができなかったので、全面は無理と判断して1列空けて播きました。そのおかげで短期間で直播きを終えることができ、開けた1列に苗箱の苗を植えきったのが7月7日だったか。できれば6月中に終えたかったのですが、5月末から直播き開始で1か月半で終えられたのは上出来です。1列空けての直播き案がよかった。期日までに最低限やるべき作業をこなせる工夫ができたので。直播の発芽率を心配してましたが、そこそこ発芽。播き方の違いによって発芽率も違うようで、ある傾向が見られました。仮説を立てたので、来年はいくつかのパターンで直播きしてみるつもりです。

で、棚田Cの今です。

Bと比べてレーキ除草が足りなく、コナギやいろんな野草がけっこう生えてます。レーキ抜根して浮かせておいた野草を数日後にレーキで畦に。邪魔な野草がなくなったエリアは、稲を観察しやすくなりました。

頭の列が直播き列です。直播を始めたころはフリーにしてはそこそこまっすぐですが、

疲れてたんですね、僕。真ん中あたりからぐにゃり、笑!

さらに進むと、

この辺から、もうどこに播いたらいいのか?なんでもええから早く終わりたい一心で・・・って感じ。体力や日程に余裕がなかったしね。とりあえず育ってくれればいいんです。でも、画像右側は野草がびっしり。冬水田んぼが不十分で土が固く、レーキ除草できません。手取りしかないのですが、それは時間的に厳しい。これだけ野草が生えてると、この辺は穂刈りでしょう。でも上記2枚のエリアは1回のレーキ除草でほとんど取れたので、もう除草に入る必要はないでしょう。入るとしても、花芽をちょんぎるくらい。あとは柵をしっかり作って奴らから守り切れば←それが難しい、今年は玄米で100キロは獲れる見込み。

直播きで問題になるのが発芽率と草対策ですが、来年の発芽率実験で仮説通りなら再来年は高い発芽率を確保できる可能性が高いし、冬水田んぼをしっかり行えたらレーキ除草で対処できるのもわかったので、再来年には棚田3枚で草に困ることなく豊かな実りの秋を迎えたイネ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
お米つくり | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2175
この記事に対するトラックバック