鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 因幡薬師手作り市1707、コンロピザ | main | コンロ窯、ピザバージョン! >>

壁を取り除くことで

難しいイメージがあるようなので。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

パン生地の発酵にかかせない酵母。市販品もありますが、自分でおこすのはそんなに難しくなく、瓶に材料を入れて水をヒタヒタになるくらいにいれて置くだけでおきます。作業はいたってシンプルなのですが、作業が面倒そうで・・・ってご意見も。パン生地を焼くのが楽しくなれば楽しい作業になるとおもうのですが、そこに至れないから面倒からは脱出できないことになりますよねぇ。でも、このままお手上げってわけにはいきません。先へ進むには、難しいや面倒を取り除く必要があります。言いかえると、「そんなに簡単なら、やってみようかしら!」っておもってもらえる技術やレシピを提供できればいいわけで。言うのは簡単ですがって話でして。でも天然酵母の焼きたてパンを自宅で焼いて食べる!の普及を阻んでいるであろう最大の壁が酵母をおこすことだとしたら、僕が酵母を提供してあげたらいいわけで、そのためには市販のドライイーストのように乾燥させた自家製ドライ酵母を用意したらいいってことになり、つくって仕込んで焼いてみました。

全粒粉30♪

暑い時期は酵母の活動が鈍く、全粒粉入りでこれだけクープが開けば、僕としては十分でいつもと変わらない焼き上がり。

生地底も頃合いの焼き色!になるように、コンロ窯を改良しました。再現性実験が必要ですが、このドライ酵母があれば、材料=強力粉+ドライ酵母+水+好みで塩+夏場はきび糖を混ぜて、水に馴染んだら生地をまとめて容器の蓋をして室温発酵。生地を仕込む作業はこれだけです。発酵後、厚みのあるパンを焼くのが難しいなら、最初はホットケーキのような薄い生地でとにかく熱をかければ生地が膨らむことを実感してもらえます。発酵を終えるタイミングもわかってきたら、パンに挑戦してもらえばいいとおもうんです。

どうでしょう?簡単そうやとおもいません?

焼き立てパンの朝食、いかがでしょ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
料理 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2173
この記事に対するトラックバック