鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1年分の正念場 | main | 因幡薬師手作り市1707、コンロピザ >>

コシヒカリの田植え、終了

予定通りに終われました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今年は日程的にかなり追い込まれてましたが、もうこれしかない!って方法が閃いて、直播きと田植えを組み合わせて限られた時間で作業をこなして今日、

無事に棚田Bと画像のCのコシヒカリの田植えを終えました。毎年のことですが、この日を迎えるとお疲れさん!って己に言いたくなります。ほっとします。Aも面積半分ほど田植えする予定でしたが、直播き苗とこぼれ種の苗がそこそこ育っているので田植えはパス。棚田Cには6月に入ってからだったかに籾を直播きし、レーキ除草が十分ではなかったので心配でしたが、

けっこう生えてたり、全く生えてなかったり、場所によってさまざまでした。観察してるとどうも傾向として土が固めの場所は発芽率が高そうで、つまり、浅く蒔いた場所は発芽率が高く、逆に土が軟らかいところで深く蒔いてしまった場所は発芽率が低いような。来年の直播きで実験しないと。わざと深く蒔いたり、表土に播いたり、切り株の中に播くとかも面白いかも。

田植えは6月中に終えるのが望ましいのですが、少しくらいオーバーしてもけっこう実ります。1年分は厳しいとおもいますが、せめて10か月分のお米を確保したい。そのためにはレーキ除草が不十分だったエリアで手取り除草しなければいけないのですが、それよりもまだ柵作りが完成していないので、

竹を切り出して頑丈な柵をつくり、奴らを完全に止めねば。今年は木製パレットでかなりの防御力を発揮するはずですので、去年のように全く獲れない・・・ってことはないでしょう。

そうそう、ついでに。先日、申請していた緑の募金(助成金)が認定されて今月から1年間その事業を行うのですが、テーマは、

針葉樹の倒木を切り出して山を整備して、その木材を日々の暮らしで焔のある暮らしとして活用・普及しよう!って内容です。今年の1月の大雪でこのような状況になり、田んぼだけでなく、いや田んぼよりも山の手入れを行う人や機会はなかなかなく、現状では腐朽するまでこの状態が続きそうです。でもせっかく身近にある資源ですので、有効に使わせていただきたいと考えてます。当面は薪として活用しますが、ゆくゆくは木炭つくりもやってみたい。その臭いで奴らが近づかないかもしれませんしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
お米つくり | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2171
この記事に対するトラックバック