鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 7年目につかんだ野良仕事 | main | コシヒカリの田植え、終了 >>

1年分の正念場

今年の折り返し、スタートです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

7月に入り、このところ奴らの侵入はありませんが、今月中には棚田の柵を完成させないと。近いうちにまた木製パレットをもらい受けて竹を切り出して、気合い入れれば十分終われます。でもどこか、防御の弱い箇所があって的確に見つけ出して突破してきますので油断禁物。なので作業を進めたいところではありますが、今年は肝心の稲作が遅れに遅れてまだ田植えが終わってない状況で、こっちは10日までには終えないと植えてもたいして実らないでしょうし。

直播きを終えたのが6月6日だったか。

暗めの画像でわかりづらいですが、播いた籾がある程度生えてます。全面に播く時間がなく、1列空けて播いたおかげで短日で直播きを終えられたのは苦肉の策だったとはいえ、なかなかの良案でした。で、予定ではたくさん生えた場所から1,2本残して余分な苗を空けた1列に移植しようとおもってましたが、おもってたより直播き苗の生育が遅かったこと、ヒエも混じっていて区別がつきにくく今日、移植作業を少しやってみましたが時間がかかり断念。知人農家さんに譲ってもらった余り苗を植えることに。空いている1列にまっすぐ植えるだけですから作業時間はこのほうが圧倒的に早く、10日までにはBとCの大半を終えられるはず。まぁ、全面植えられなくても1年分のお米確保が今年の目標ですし、

Aは直播きと去年のこぼれ種の苗もあちこちに生えてますので、その目標はなんとかクリアできるはずですが正念場ですので気合いを入れて向かわねば。クリアの条件としてもちろん、奴らから守れればの話ですが。柵の材料は十分に手に入ります。多くの作業に時間を費やさねばならず、その人件費をお金に換算したら買うほうが絶対安い。米は販売用ではないので、主力作物に傾注するほうが営農を考えると利口なんでしょうけど、けどやっぱり己の米を食べたい。時間配分を考えて、販売用と自給用とをこなしていくのも技術が必要ですし、そういう暮らしがいい。ゆくゆくはスキルアップして、大豆と麦も自給したいねぇ♪

明日はちょびっとだけですが、黒米と赤米を田植えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
お米つくり | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2170
この記事に対するトラックバック