鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< レベルアップしたコンロパン | main | 今年のトマト >>

南丹たんぼ組、直前募集1707

次の日曜日、よろしければご一緒にアートプロジェクトに。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この組活動では棚田の1枚を使って、参加者のみなさんと一緒に古代米を栽培して、秋に収穫してお持ち帰りいただきます。作業内容など詳しくは前回のブログをお読み願います。

さて、今月の内容です。の前に。

7月2日に南丹市日吉町にある天若湖で毎年、アートプロジェクトが開催されてます。天若湖アートプロジェクトで検索してお借りした画像です↓

前から気になっていましたが、まだ一度も行ったことがなく。日没から開催されるようなので、この日の午後に百姓体験を開催して、作業を終えてちょっと休憩してから観に行こうとおもいます。僕の車に3名様まででしたらご乗車いただけますので、電車でお越しの方でご希望の方はお申込みの早い順に受付ということで。

で、その日の活動内容です。

・古代米の苗を田植えします。

・奥の苗箱の苗は黒米で、手前に田んぼに直に蒔いて育ってるのは赤米です。赤米はまだ小さく、この日の田植えは微妙・・・。

日時:2017年7月2日 15時〜17時。雨天中止。

場所:僕の棚田(八木町木原正が谷)。山陰線吉富駅から徒歩10分。場所はこちらの画像をよ〜く見ておいて下さいね。
※お車の方へ。集合場所や駐車スペースをこちらの画像でチェック願います。
受付:先着10名様(小学生以上の人数)。
持ち物:着替えや雨具、タオル、水筒、農や食への興味、ワクワク感♪
服装:長靴、長ズボンと長袖と帽子は必ず。特に長靴と長ズボンは、マムシやムカデ対策に絶対必要です。
申込:メール:astgreen*ares.eonet.ne.jp(*☛@に替えてください)でお願いします。お名前・性別(ご参加全員の)・ご住所(保険申し込みに必要です)・来園手段(車or電車)、当日に連絡できる電話番号(携帯電話をお持ちならその番号を)。メールを送信できない場合はひとまずコメント欄に参加希望の旨をご入力願います。
お申込みは、6月30日金曜日正午までにお願いします。
費用:お一人500円(小学生以下のお子様は無料、保護者同伴)とボランティア保険300円(社会福祉協議会、翌3月末有効)。
※この保険はこの組活動に限らず、ボランティア活動で有効です。他のボランティア活動保険に加入済みの方は手続き不要です(加入者カードをご持参ください)。ご自身で稲作をされている方は手続き不要ですが、自己管理でお願いします。

 

前回のブログにも書きましたが、復活させたい耕作放棄の棚田は、

田植えする田んぼの向かい側にあります。画像下にチラッと写ってる苗が、先ほどの黒米の苗です。今年の晩秋から柵作りを行い、ゆくゆくはみんなで栽培したいと願ってます。

それでは直前のご案内になりましたが、ご参加をお待ちしております!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
南丹たんぼ組 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2166
この記事に対するトラックバック