鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< チューリップ:イルデフランスの比較栽培-4 | main | ミヨシのクリスマスローズ:ダブルファンタジーの比較栽培 >>

あまおう:海外で10倍以上の高値

昨年末、ソイヤをご利用いただいている佐賀県のイチゴ農家さんを訪問しました。ご主人のご案内で圃場を見学させていただき、農法や、ソイヤのご感想・今後の期待(栽培データなど)について談義。その後、ご自宅にお邪魔して、出荷作業でお忙しいところコーヒータイムに。作業部屋では奥様が収穫されたイチゴ、さがほのか、をパック詰めされていました。農家さんが丁寧に一粒ずつ、容器に見栄え良く並べて梱包されています。
今日のあるニュース番組でイチゴが海外で日本価格の10倍以上で飛ぶように売れている、という特集がありました。舞台は福岡、品種はあまおうです。あ=あまい、ま=まるい、お=おおきい、う=うまい、の頭文字(だったとおもう)。
1994年ごろは、とよのかという品種が人気でしたが、栃木県のとちおとめに人気が集まり、福岡で新しい品種として生まれたのが、このあまおうです。お店に並んでいるイチゴのパックは2段重ねを想像しますが、このあまおうは大粒で1段で詰められています。これには理由があり、高齢化している農家さんの作業負担を少しでも減らそうと、大粒を目標に農業試験場で改良されたそうです。勝手なイメージで、大粒=大味を連想してしまうので、「なぜ大粒なんだろう?」と思ってましたが、ナゾが解けました。
このあまおうが、香港・タイ・シンガポール・アメリカ、最近ではロシアにも輸出されていて、タイでは1パック約3,000円、ロシアでは約6,000円で販売されていて、富裕層に好評。特に華橋の方々にとって”赤いもの”はすごく縁起がいいそうで、贈り物としても人気が高いそうです。これから国内ではイチゴがたくさん出回る時期になり、そうなると価格が下がってしまうのですが、輸出品は国内市場の相場は関係ありません。それも農家さんにとって、大きな魅力。
昨年あたりから、食の安全が大きな課題になっています。この特集を見ていて、あまおうの輸出はどんな風にされているのだろう?逆に輸入品は?防腐剤なんかはどうしてるの?と思ってしまいました。JAでは検査員の方が大きさなど出荷規格にあったものかをチェックされていましたが、他の項目には触れていませんでした。今、ニュース番組では毎日のように食に関する報道がありますが、この特集でも販売面だけではなく、これだけ安全・安心に気を配って輸出しているといった面にも少し触れていただきたかったです。

今日の午後は、昨年末に知り合った朽木平良の農家さんを訪問。今年の冬は雪が多くてなかなかいけなかったのですが、暖かくなってようやく安心して車で行ける状態に。昨年、良好な結果がでた稲作の話をさせていただき、比較栽培に取り組んでいただけることになりました。1件1件、データを積み重ねていくことが肝要です。
帰りにいつもお世話になっているitiさんのところでお茶タイム。少し元気がなかったらしいゴン太くんもテーブル周りをグルグル回ってのいつものお出迎えに一安心。一昨年に収穫された自家製のお茶で一服させていただきました。昨年は鹿にことごとくはまれたそうで、収穫できなかったと。昨年から田んぼのお手伝いを少しばかりさせていただいているのですが、人手があれば抑草管理できるので田んぼの面積を増やしたいなぁ・・・などなど、いつものようにナンダカンダと3時間ほどのおしゃべりタイム。
まだまだ雪がたくさん残っている針畑でした。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
事業 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/216
この記事に対するトラックバック