鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 越冬栽培の今、170211 | main | ガスコンロでパン生地を焼こう >>

時計型薪ストーブ型のロケットストーブ

ぬくぬくの冬の夜です♪

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

電気、ガス、灯油。化石由来燃料を使わない暖房生活を始めて3年目。火鉢を使ったり、昨季は勝手口に暖房ロケストを設置したんですけど、ダクトを1階の屋根上にしか設置できずに近所からの苦情で断念。この暖房ロケストも暖房能力としては不合格レベルでしたので、苦情がなくてもなんとかしないと・・・、と考えてました。ロケットスト−ブは調理器具としては優れてますが、一般的な自作タイプのペール缶型のロケットストーブは投入できる燃料量が少ないので、暖房器具として使うにはしょっちゅう燃料を投入しないといけなくて非常に面倒でした。これを解決できる、すなわちT字管よりもうんと広い燃焼室を確保して最低でも30分間燃焼できるロケットストーブを作らないといけないな、と農繁期の間もずっと考えてました。僕は長風呂なので、できれば1時間経ってもせめて大きな熾火が残ってるほどの燃焼室を!

懸念もありました。広い燃焼室を確保したとしても、ロケットスト−ブとしてちゃんと引いてくれるのか?ってことです。ですが考えたって答えを出せませんでしたから、とりあえず作ってみました。

冬の夜に、自宅で麦酒を呑める日が来るなんて!

心配事は杞憂でした。ガンガン引いて、燃えてくれます。薪の消費があまりに早いので困りましたが、運よく知人農家さんから山に捨てる予定の間伐材をわけてもらえたので助かりました。薪を燃やしてるのはホンマ製作所の時計型薪ストーブで、待望の広い燃焼室を確保。このストーブにペール缶を使ってヒートライザーと下りダクトを設置して、ロケットストーブの機能も確保。燃焼室の奥行きは30cmくらいで、燃焼室が高温状態で十分量の熾火があって投入する薪が十分に乾燥していれば、この中にさえ入れられたらゴーゴー音を立てて燃えてくれます。

こんな感じに♪

硝子扉にしてよかった。ゆらめく焔は見飽きませんね。毎年、指の関節をほんの少ししか曲げられないほどの酷い霜焼けになってましたが、もう大丈夫。快調に燃えてるときは設置部屋だけでなく、隣室の台所も暖められます。朝も部屋の空気が震えるほど冷たくありません。一日中燃やすことができたら、台所奥の風呂場も暖められるかもしれません。正直、これほどの暖房能力を発揮してくれるとは予想してなかったので嬉しい誤算!

こんな大きな薪も投入できます。それも燃焼室の上の蓋を外して。ゴーゴー引いてるときは蓋を開けても焔は外に溢れでてきません。なので、ここを開放するとものすごい熱気を放出してくれます。蓋の位置から高さ10cmほどに手をかざすと熱くて、それより蓋に手を近づけるのは相当覚悟が必要です👈する必要はないです。画像の状態では危ないので、ふるいをのせて爆ぜて熾火なんかが飛び出てこないようにしています。部屋を離れるときは、蓋を戻します。

この暖房ロケスト2号。ヒートライザーの上にオーブンルームを取り付けたので、いろんな調理ができます。燃焼室の上ではせいぜい保温程度やろうとおもってましたが、なんのなんの。どんなことができるかは、また今度!

暖房と調理能力には満足してるのですが、いくつか不満点があるので来季までには改良して、燃焼室もできれば奥行き40cmを確保したいなぁ。

【ご案内】

焔のある暮らし見学会を2/26(日)の午後に催すことにしました。詳しくは改めて掲載しますが、Facebookにはイベントページを掲載済みです。どんなストーブなのか、暖かさなのかとか、FBユーザーの方でご興味ある方はぜひ、覗いてみてください。この日は無料(カンパ制)で、今後は有料を考えてます。在所の山はほとんど手付かずですので、焔のある暮らしを続けることで山を整備させていただいて、焔の良さを広げていくための活動資金にさせていただこうとおもってます。この辺もまた今度、書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
日常 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2151
この記事に対するトラックバック