鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 天然酵母パンと麦のページ | main | 2016年、総括。 >>

4か月室温保存したトマト

残り2個になってしもた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これは9/16に撮影した画像。8/27に収穫して3週間ほど経っていて、中には皮がしわになっているトマトも。で、

これが今日の。どこまで保存できるやろう?実験です。意外だったのが、ほとんどしわがなく水分が抜けていないということ。このにたきこまは煮詰めとかの加工に向いている品種なので水分が生食用よりも水分が少ないので日保ちしやすい品種ですが、それでも4か月ももつとは思ってませんでした。果たしてどこまでもつのでしょうね。

来年もにたきこまを露地栽培のメイン品種として栽培します。今年栽培したはなればたけはホームグラウンドの畑と比べて栽培条件として向いていないのがわかったので栽培数を減らし、ホームグラウンドの露地Aと果樹園の畦栽培の3か所で今年と同じ株数を栽培する予定です。ホームグラウンドでの栽培は今年の暑い夏でも無潅水で夏を越せたので、来年は獣害を防いで黄金週間明けに大苗を植えて、そこそこの収量を確保したい←しないと営農的に非常に厳しいし。がんばらないと!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
トマト栽培 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2143
この記事に対するトラックバック