鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 改善、素鉢ストーブ | main | 素鉢ストーブの先にあるもの >>

基礎完成、素鉢ストーブ

とりあえず、目標クリア!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

去年から始めた、灯油不買生活。火鉢でなんとか過ごしてますが、寒波の夜は厳しい寒さに。ましてや風呂場なんて行きたくない場所ナンバー1で、風呂に入らない日が続くと霜焼けがだんだん酷くなって、毎年一か月ほどは指を曲げられないほどになって、なにもできない手になって後悔する始末。なので数日前から風呂場の暖房に着手。ようやく、求める基本性能を有するストーブができました!

何かに使うだろうと保管していた麦酒アルミ缶をキコキコ切って試作。試作段階では加工しやすいアルミ缶が好都合です。消し炭が燃え尽きて生じる灰が底にたまりにくい構造が必要だったので、灰は落ちるけど消し炭は落ちない程度の隙間を作ってみました。

下段の素鉢です。アルミ缶の胴体で円柱を作り、缶底を切り開いて円柱にかぶせて、通気口も。このあと、円柱と素鉢の隙間および円柱内部の半分の高さあたりまで、灰を詰めました。

上段の素鉢です。アルミ缶天面と胴体一体型で作製。胴体を縦長に切って缶の外と内に交互に折ったり曲げたりして、内部をロート状に。試用してから気づきましたが、内部を画像のように下向きではなく上に向けて円錐状にすれば、灰は円錐下部にたまり、円錐上部で隙間=通気部を確保できます。円錐の頂上にも通気部を確保できます。画像の構造だと、隙間はあるけど灰が落ちずにたまって徐々に狭くなったようで、火力が落ちました。着火時は調子良かったんですけどね。それでも、1時間くらいは何もしなくても燃えたので、求める暖房機能を発揮してくれました。内部の羽を円錐状に変えて素鉢にめいいっぱい消し炭を投入したら、果たして何時間燃え続けてくれるかなぁ?

2時間でも十分ですが、できれば倍の4時間燃え続けてくれれば風呂場を十分に温められるし、日中の風呂場の乾燥や洗濯物の乾燥も可能かもしれません。目標は高いほうがいい。これからの時期、洗濯物の乾燥に困りますからね←製作中の暖房ロケスト2号が完成したら問題なし。

小さな素鉢2個、アルミ缶1個、灰、消し炭(木炭でもいい)、一斗缶(他の容器でもいい)のミニストーブ。チロチロと長時間燃えるストーブとして、これから大いに活躍していただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
日常 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2141
この記事に対するトラックバック