鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 鍬人火鉢、着手 | main | 改善、素鉢ストーブ >>

素鉢ストーブ

気づいたら即行で!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨日作った一斗缶火鉢。風呂場を温めた効果は予想以上に高く、80分入ってもお湯が冷めにくく、これまでなら1時間以上入ってると湯船の底のほうの水を冷たく感じていましたが最後まで感じず、お湯が昼になってもほんわかと感じました。これなら火力をさらに上げると、風呂の温度を1,2℃下げられるかも。昨日とりあえず作った素鉢2段式ストーブ(のつもりだった)は通気不良で燃焼効率が低かったので今日早速、改善してみました。

底板に穴をあけて、素鉢上下重ねの隙間を使用済み耐熱テープで塞ぎ、新たに廃棄物(←多分、元はカセットコンロのボンベ)で通気孔をつくってみました。結論から言いますと、まだ通気が十分でなく、良く燃える状態で燃焼が続きませんが、

底のほうの消し炭は2時間くらい経っても消えずに燃えてますので、ふーふーすると復活します。素鉢の底にたくさん穴を開けたり、いっそのこと底を切り落とすとか、底板の通気も改良することでさらに燃焼効率をアップすればきっと、今より高い火力で燃え続けるはず!

ありがたいことに、

ちょうど頃合いの籠があったので水を入れた小さな薬缶を籠に置いておくと、湯気が少しだけ。なんとしても、お湯を沸かせるほどに火力アップできる構造に改良しなければ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
日常 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2139
この記事に対するトラックバック