鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< オーブンルーム | main | 鍬人火鉢、着手 >>

焼き芋の季節

昨日はキトゥンカンパニーさんのスモールマーケットに。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

朝晩がめっきり寒くなって、こんな季節はやっぱり焼き芋♪

日中は晴天でしたが少し風があったので着火に少し手間取りましたが、このところの鍬人くん2号の改良に次ぐ改良で無事に焼けました。中は黄金色でトロッとした感じに焼けるようになりましたが、皮がそのまま。できれば皮を焦がさずに少しパリッと焼きたい。この微妙な焼き加減がこれからの課題です。本体のオーブンルームは一度にたくさん焼けるのが魅力ですが、焼けたかの確認が面倒なのでこれもどうしようかとおもいはしますが、さすがにこれを簡略化できないでしょうから、火加減と時間でドンピシャ!に焼けるようにマスターするしかなさそうです。少々の雨や風でも焼けるようになったので、去年と比べたら進歩進歩。

4時半からパン教室を企画してましたが、ゼロ。マーケットにはやっぱりお買い物を楽しみにお越しになるでしょうから、1時間も習い事に使う気分じゃないですよねぇ。それにロケストを活かしたサービスを終始提供したほうが楽しんでもらえると思いますので、次回は鍬人くん2号でできることに集中します。パン教室用に準備していた生地があったので、

焼き上がりの図。

底が白いままだったのが気に入らなかったけど、膨らみと表面の焼き色はバッチリ。次回は3個くらい焼きたいなぁ。パンを焼いている間も本体では焼き芋続行中で、

焼けた芋はアウターの上で保温。アウターからの放熱を利用しているのですが、蓋が必要でした。この構造、少しはアウターの保温効果もあるはず👈パンの焼き上がりが少しは短くなるかもね。まだ活用できてない熱に、アタッチメントからの排熱が残ってます。排気を邪魔せずに活用できませんかねぇ。これは難題です👈解決できなくてもいいです、笑!

昨日は鍬人くん2号1台で、蒸し・焼き・保温の3役をこなせるように部品を用意し、目的を果たせたのでそれはそれでよかったのですが、トップで保温してると本体のオーブンルームを使うときにいちいち丁寧にどけないといけないがやはり面倒なので、素早く作業するためにも火鉢を使うほうがスムーズという結論に。かといって自宅で使ってる骨董タイプの火鉢を以前に持ち込んだことがありましたが、野外で使うには向いてません。なので、火鉢も作ることに。どうせなら、最後に熾火を消火するのに蓋つきで、野外で使いやすいように持ち運びに便利なタイプを。次回までには!

そうそう、昨日。ありがたいことに出張パン教室のリクエストを新たに1軒、頂戴しました。年が明けたらお邪魔して、相談させていただこうとおもってます。パンだけでなく、コンロ窯製作教室も興味もってもらえたので楽しみです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
催し | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2137
この記事に対するトラックバック