鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 豆乳ヨーグルトチーズ、スタートライン | main | 改良は続く、鍬人パン♪ >>

改良は続く、ノブヒェン窯

前回の続きです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あーしたい、こーしたい!ってリクエストが次から次へと頭の中にやってきて、今回は毎朝パンを焼いているノブヒェン窯です。この窯の欠点は、

・風が吹くと炎や熱がヒートライザーから出てくるのを邪魔されて、燃焼効率が落ちる。

・ヒートライザーからでてくる熱を、インナーとアウターの隙間に効率よく運べない。

・ヒートライザーから?勢いよく煤がでてきた場合、アウター外側に付着するのが気に入らない。

3つ目はたいしたことないですが、あとの2点は改良したい。特に1個目は風が強い日は致命傷で、ノブヒェン窯のオーブン機能が極端に低下します。で、考えたのが、

このアタッチメント。インナーとアウターの間に入る大きさで、熱はこれに阻まれて効率よく上昇し、ところどころの切れ込みから排気される構造です。正面下部に窓がわりの切れ込みをつくって、焔をチェックできるように。これで風を阻みつつ、オーブン機能をアップできました。今朝焼いたパンです。

燃料を投入しすぎて、下のほうが黒焦げ寸前でしたが、残りはいい感じに焼けました。不完全燃焼で煙がモクモクでることもなく、排気量も問題なし。ひょっとしたら何かに気づいてこのアタッチメントを改良するかもしれませんが、求めていた基本性能は合格点。これで出店時に風を心配することなく焼けるでしょう。出店時で残るは雨ですねぇ。

ところで。ノブヒェン窯は優れたオーブン道具ですが、インナーに入る大きさで一度に一個しか焼けません。2個焼くには可能かどうかはわかりませんが、上下2段で焼ける窯を特注で作るとか。市販品では作れないでしょうからねぇ。なんにせよ、1個しか焼けないというこの不満は、そう簡単には解消できないでしょう。だけど・・・。

なにもノブヒェン窯で焼く必要はないんですよ、ふふっ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
料理 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2126
この記事に対するトラックバック