鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ゼロかイチではない | main | 冬が来る前に >>

改良は続く、鍬人くん2号

性能アップにはかかせませんから!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

去年設置した暖房ロケスト。近所からの煙苦情で断念せざるを得ず、僕自身、暖房ロケストの性能に不満だったので←設置当初は大喜びやったけどね、その不満を解消すべく、暖房ロケスト2号を試作中。完成まで毎朝のロケストパンを鍬人くん2号で煙対策しながら焼いてます。

今朝は新メニューの緑茶パン。かたぎ古香園さんの緑茶の使い終わった茶葉を生地に混ぜて、焼いてみました。美味しかったけど、好みとしてはこの茶葉は煮炊きに使ったほうが甘味を感じました。ただ、生地の発酵はすごくよかったようにおもいます。茶葉の効果なんかなぁ。今の時期はすこぶる発酵が良いので関係ないかも。毎朝パンを焼いてるときに、この高熱をもっと有効に使えないか?と考えて2年前だったかに作った、この鍬人くん2号は本体で焼き芋をつくることができます。お気に入りの発想でしたが、パンを焼くときの高熱では焦げてしまうという欠点がありまして今期、その改良に成功。近頃の朝食はパンと焼き芋と自家製ヨーグルトとコーヒーです。改良に成功したといっても再現性や焼き芋の腕も上げたいので、この目的がある限りは毎朝焼いても飽きません。そんな鍬人くん2号も、

今日のきっとみフリマで焼き芋を作ったのですが、今度はパンのときほどの高温でないと焼き上がりまでかなりの時間がかかってしまうことが判明←そりゃそうだ。ある程度は予測してましたが、それ以上にかかってしまい、焼き芋だけのときに高温で焼かなくても焼けるようにしたい。イベントで数時間、高温で焼くには多くの燃料を必要となるし、火力を維持するのも大変です。ならば今回の改良部品を2個作って用途にあわせて使えば事は済むのですが、それは気に入らない←メンドクサイ性格でんなぁ。1個の改良部品で用途にあわせて使いこなすのがかっこいい!←単なる自己満足ですが。いや〜、でもその満足を得るために日々考えることこそが改良への近道なのだ。うん。今日焼いていて1個、案が浮かびましたので近いうちに。

もう1個、不満だった性能を解消するための部品改良はうまくいって今日、10時から15時まで一度も焚き口に溜まった炭をかき出すことなく燃料を燃やすことができました。火力が落ちても燃料をくべて団扇であおげば、不完全燃焼することなく、ボボーーー! かなり使い勝手が良くなりました。さらにもう1個やりたい改良は、焚き口の保温です。焚き口を覆って放熱を妨げることで焚き口内部の温度低下を防いで、素早く着火できるようにすること。一斗缶で覆う方法がありますが、個人的には大げさすぎて不採用。これも先日に案が浮かんだので、近いうちに手をつける予定です。

そういえば、まだやりたい改良があって←まだあるんかいな、ノブヒェン窯のオーブン機能をアップできるであろう案。防風機能もアップするはずで、現状よりも早くパンを焼けるとおもうんやけどなぁ。これは不満ってわけではないので、まぁぼちぼちと。

鍬人くん2号、進化は続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
催し | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2123
この記事に対するトラックバック