鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 37年間に感謝を込めて | main | ミニ教室を活かさなきゃ >>

成長してへん

もう、何やってんだか・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

米に続いて、

露地Aの大豆もやられてしもた。今年は5kgの味噌を仕込んでも十分残るなぁ〜とおもってたのに、一回入られて補修したつもりがその晩にそこからまた侵入されて、大豆とバターナッツを全部。何回同じことを繰り返したら、気が済むのか。宮重くんと芽を出し始めた大蒜は無事だったので助かりましたが(←にんにくは被害にあったことはないけどね)、まもなくハウスで育苗してる玉ねぎを植えるし、来年からはトマトを再開するし、完璧に止めないと主力を食われては泣くどころでは済まなくなります。

とにかく!

危ないなぁ〜とおもう場所を徹底的に補強していかないと。縛り方が甘いので、やり直し。脇腹あたりの高さなら、越えられないはず。

こっちは一度も突破されてないけど、

柵が股下あたりまでの高さしかないので、ここも直ちに。枯れた竹とはいえ、この太さ。地形を利用して運ばないと、腰いわすでぇ。もう一段とりつけないと、安心でけへん。まずは露地Aを完璧に守って、来春までに棚田も柵を作り直さないと。他にも補強したい場所はあるし、排水改善作業もあるし←土方やね、今季の越冬栽培はなんとしても成功して大苗を計画の時期に定植できるように気を抜かずに世話しないと。

農閑期のはずなのにねぇ。この日にやり終えないと・・・って作業ではないので気はわりと楽ですが、来春までという締め切りを厳守して来年も獣害対策で後手後手に回ることだけは繰り返さないように成長しないと、いつまでたっても進歩なし。獣害と排水の2点をしっかりやれば、来年こそはそこそこ結果を出せる!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
獣害対策 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2115
この記事に対するトラックバック