鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 排水の陣、2016 | main | 新境地に >>

トマトの今

こんな天気が続いていれば・・・、ねぇ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨夜爆睡中に一時、大雨が降って今日は肌寒い一日でしたが、この数日は晴れ間が多く、待ちに待った秋晴れの青空が!

9月に長く続いた天候不順でガタガタになった樹勢も、ようやく元気を取り戻しつつあります。

ハウスAのレッドオーレは生き残っている株が3割くらいかなぁ、再び獲れだしても収量としてはしれています。が、それでも嬉しい。ハウスのトマトに関しては、ご注文いただいてる方に順次出荷させていただきます。このところ、こっちもしつこく対抗している効果があるようで土竜の侵入がなく、作物たちも邪魔されることなく育ってます。ハウスBのシシリアンルージュもかなりガタガタですが、枯れた株は少ないので天候次第ではまだまだがんばってくれそうで、今週の金曜日は店頭販売できるんじゃないかなぁ〜。一方、

露地のにたきこまは画像のように元気な株はほんの少しになってしまい、1箱分を獲るのも厳しそうな状況です。明日からしばらくは雨がなく晴れが続きそうで、1粒が大きいですからひょっとしたら!

今年は離れた2か所で栽培していて、両者で生育が大きく異なり、その要因も把握できたつもり。この画像の場所では雨が少なかった8月も無潅水で耐えてくれて、9月の天候不順にも耐えて今の生育を示してくれているので、ちょっとは希望が見えてきました。なんせ、この3年間。9月は散々でしたから。最盛期はあとわずか。とにかくがんばってもらわないとね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
トマト栽培 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2107
この記事に対するトラックバック