鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今年はゼロ | main | ブースでミニ教室 >>

鍬人パン教室 at ゆとりさん1609

いぃやぁ〜、昨日は舌好調でした♪

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨日は大津市にある量り売り食材店、ゆとりさんでパン教室を開催させていただきました。たくさんの方にご参加いただきまして、ありがとうございました。1回目の出張教室をお知りになったゆとりさんから、ありがたくもご要望を頂戴して昨日の開催に。開催前日の時点でお申込みは定員をオーバーして、なんと11名様!

当日の1時に生地を仕込んで、冷蔵庫に。起きてから会場入りまで室温で世話して、始める頃にはちょうど一次発酵が終わる段階にと踏んでましたが甘かった。予想よりも発酵が遅く、ゆとりさんに着いてお湯をお願いして、なんとか開始時刻には間に合いそうな感じに。お湯の用意もゆとりさんや早くお越しになっていた参加者の方が僕の要望にあれこれ考えて、もっとも早く用意できる段取りで動いてくださって助かりました。それでもベストの発酵には及ばず、教室開始。あっ、当日にお一人増えて、12名様に。

ゆとりさんにご協力いただいて作成した資料をもとに酵母のことやパンつくりをお話ししながら内心、生地は間に合うんかなぁ〜とちょっとハラハラ。小さなお子様連れの方も多く、様々な年代層の方々にご参加いただいて、

みなさん熱心に話を聞いてくださり、資料に書き書き。その真剣さを目の当たりにして、こっちもますますヒートアップ。フライパンでパンが焼ける?!に、かなり興味をもってもらっていたようでした。ちなみに、

フライパンで焼いたパン=ふらいぱんはこんな焼き上がりです。表面の焼き色は、グリルで焼いてます。フライパンでは表面を焼くには、かなり時間がかかります。ひっくり返して焼いてもいいのですが、自重で多少へしゃげます。しっかり焼いてからなら、あまりへしゃげません。

それにしても、ええ仕事やなぁ。だって、

こんなに大勢の女性に真剣に見つめられて、日常にはあり得ない、非日常の時間でしたから。いやいや、そこではなくて(笑)
パンを焼くというとオーブンで焼くのが普通ですが、試行錯誤してなんとかフライパンとガスコンロで焼けるようになり、これならどなたでも、自分で納得できる小麦粉を買ってきて、添加物の心配ない焼きたてパンを毎日お召し上がりいただけます。毎日焼けるように、工程を簡素化して洗い物もなるべく少なくしています。でも、ここだけは手を抜かずにこれをやってください!という大事な部分もあります。大量生産のものは添加物が多く、その添加物が人体にどのように影響しているのかは勉強不足で説明できませんが、怪しいとおもえるものは極力、日常から排除してます。添加物についての考えは人それぞれで、ここでは省略します。パンのプロではない農家の僕のパン教室で、こんなにも真剣に耳を傾けて知識や技術を吸収しようと熱心に受講してもらえたのは、嬉しい限りで添加物について僕と同じ考えの方にご参加いただけたとおもいます。おもいこみを捨てて、自分で作る楽しみを普及したい、ご家庭にある道具でパンを焼けて決して難しくないですよ!と伝えるのが教室の目的で、大勢の方に「つくってみます!」と言っていただけましたので、お役に立てたんじゃないかな、と。みなさんが焼けるようになられたらぜひ、お友達に教えてあげてくださいね。
反省点も多々。小さなお子様連れの方が多く、僕の背後にあるキッズスペースでお過ごしの方々を開始からしばらくは見向きもしないで、目の前の方々に集中してしまいました。ほんとに申し訳なかったです。それと、ハラハラした生地の発酵。ほんとはね、
昨日の教室で仕込んだ生地です。これが今の僕には、一次発酵を終えるベストな状態。表面に大きな泡がぷくぷくできてるのがわかりますか?
で、
焼いたパンです。土鍋を使うのを忘れて鍋蓋を使ったので大きくは膨らみませんでしたが、ふんわりした焼き上がりでした。
それと、十分に過発酵した生地を用意して、その生地の状態と美味しくないことをお伝えしたかったのですが、
結局、教室ではこの生地がベストな状態で←あと少しで過発酵領域だった、一番きれいに膨らみました。いつもとは違う時間帯に焼くのは難しく、精進がまだまだ必要です。始めたばかりで、何卒ご容赦くださいませ。
昨日は画像だけでしたが、ロケットストーブで焼いたパンの香ばしさは格別です。これを味わってほしいし、煙が少ししか出ないように、ゆとりさんの店前の駐車場でも焼けるようにしたいなぁ〜と帰路の車中で考えてました←こうやって仕事が増えていくのがしょっちゅう(笑)
よろしければ、田畑や台所の暖房ロケストの見学にお越しください♪
こんな内容のパン教室で、出張教室を承っております。ご希望の方はぜひ、ご連絡ください!


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
鍬人パン教室 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2103
この記事に対するトラックバック