鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今年も成らず・・・ | main | 玄米酵母パンとレーズン酵母 >>

原因と対策を

なかなかおもうようにいかんもんです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

台風16号の直撃は免れましたが、

はなればたけのにたきこまは、この数日と今日の豪雨に晒されて「アウトかなぁ・・・」と心配でしたが、今日の観察では新芽がしっかりしてました。明日も同じようにしっかりして萎れてなければ大丈夫でしょう。今週末あたりから天候が回復する予報なので、もうひと踏ん張りお願いしたいところです。去年、にたきこまにご注文をいただいてたのに夏越しに失敗して食べてもらえなかったお店から今年も一年越しでご注文いただいたので、今年こそはお届けしたい。10月半ば頃までは、収穫できる予定です。天候次第ですが。水不足と土竜でかなぁ、半分くらい枯れました。来年は1割程度の枯死に抑えたい。この畑での収穫は、お盆を過ぎてからで栽培計画を。

16号の風の影響はなかったのですが、豪雨でハウス奥の山道にある土管が詰まっていて山道が急流に。うっかりしてました。気づいた時にはすでに両ハウスに浸水。ハウスBのシシリアンルージュは大丈夫とおもいますが、水に弱いレッドオーレは心配です。浸水したエリアは狭かったのですが、

生き残ってる株のあたりで少し浸水したので、貴重な株が枯れるとかなり痛い。気温が下がった今の時期はもう、青枯れはでないとおもいますが。今年もかなりの広さで枯らしてしまいました←画像手前はほとんど枯れました。青枯れ(おそらく)、潅水不足(暑かったし・・・)、それに土竜(しつこいねんて)。1,2,5,6列の大半の枯れは、土竜によるものでしょうね。毎年同じ繰り返しで、進歩がない。でも!

今年は青枯れ対策の具体的な案がでたし←効果のほどはやってみないことにはなんとも、暑さ対策も来年は株本に日陰をつくる案がでたし、潅水で問題になる用水路の流量不足は夏の間だけ池からサイフォンで確保して十分に潅水できそう。最後の土竜も予防は無理ですが、二回目の侵入を防げそうな対策があるのでこれもなんとかなりそう。一度試してみましたが、以降はその場所からは侵入されてません。何度もしつこく来るのに、嫌みたい。7年目になるハウスは土ができてきたので、マイナス要因を取り除くことができれば、なんら問題なく育ってくれるはずです。もっとも大事なのは施肥技術とかではなく、生育できる環境を維持できること。これにかかってるんやなぁ。冬が勝負!ってことか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
ソイヤ−トマト栽培 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2099
この記事に対するトラックバック