鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 鍬人パン教室、160830 | main | エスカレート >>

土竜の穴には

これで一発で止まるんだとか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。天然酵母パンをフライパンで!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

久しぶりに稲ネタです。今年はこれまでになく順調で、

この風景を棚田Aで拝めるのは、えーーーっと、3年ぶりだったかなぁ。コナギやオモダカはところどころ。ヒエは畦際くらいにしか生えてなく、極めて自己満足の世界に没頭してます。先日の大雨で満水になりましたが、8月はほとんどカラカラ。それでもこの実りをもたらしてくれていることに感謝です。あとは猪から守れるか、です。

で、今日の話題は抑草や猪ではなく、土竜です。稲作で困ることの一つに、土竜穴からの漏水があります。土竜を捕まえることも侵入を防ぐこともできないし、穴を開けられて漏水しては、田んぼの水位が下がってやられたか!ってことに気づき、漏水してる場所を探して上から踏んづけて穴を埋めるのですが、土竜は何度でもやってくるので、この繰り返し。で嫌になります。で、近所の農家さんが教えてくれたのが、

穴にぼろ布を突っ込む方法。これでピタッ!っと止まるそうです。土竜にしてみれば、土をほじくるようにどけられないんでしょうかね。穴を見つけてはこの繰り返しで、教えてくれた農家さんのこれを施した畦ではほとんど被害がないそうです。最近、廃材を入手できたので農閑期に、板を畦際に埋め込んで漏水や野草の田んぼへの侵入を止めようとおもってますが、穴を見つけたらこの方法で。

山水をためた池が水源なので、いつでも好きなだけ田んぼに水を入れるってわけにはいかず、水は貴重なんです。止まるとええなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
お米つくり | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。天然酵母パンをフライパンで!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2093
この記事に対するトラックバック