鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 梅雨明けは勝負所 | main | 棚田の今、1607 >>

環境を整えるのが野良仕事

頭が固いというか、見えてないというか・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

作物が予想していたように良く育たないときはなにかしら原因があって、気温や土中水分、種まきの時期や施肥量とかたくさんあって、どれか一つでも適した条件から外れていると良好に育たないので、その原因を探して改善しないと何度やっても同じような結果になるのが関の山。僕の場合、一度発生してしまった青枯れ病にどうやって対処すればいいのやら・・・。

それはひとまずおいといて、一昨年から獣害を解消した露地Aで南瓜を栽培しているのですが、

今年は生育良好!

去年までは生育不良で枯れる株もちらほらあったのですが、今年はゼロ。遅くに植えたバターナッツはようやく根付いたところで、最近の暑さにもめげずに枯れてませんから多分、大丈夫とおもうのですが。ここは大雨が降るたびに通路に雨水がたまりまくってなかなか水が引かないので、たまった水をいかに早く排水できるか?、通路をあーだこーだと考えて弄ってましたが、そんなことよりも道をはさんで段下の畑←棚田Cの横の未使用畑、の道路際がいつも湿ってるので、道路際の溝を整備したら露地A通路の水がうそみたいにすぐに排水されるようになりました。そのものだけをみるのではなく、地形を広く見て、水がどこに流れるのか、地下の水脈は?を考えないと根本的解決に至らないことに今年、ようやく気づけました。今年の南瓜が生育良好なのは、おそらくこれが原因でしょう。明日、雨が降るまでに白大豆を種まきする予定で、今年の生育が楽しみです。収穫したら、今年は藁納豆を作ろうとおもってます。

場所を移って、一番大事なハウス栽培。ハウスAには天窓がないので、トマト栽培には致命的。取り付けたいけど、1台1万数千円するし、ハウスの長さから4台は設置しないと効率よく排熱できないそうで・・・。そうなると室内上部に蓄熱されて、たまっていくと熱の層が徐々に下がってきてトマトに高温障害を与えます。

でも、天窓がないんじゃしょうがないし、遮光ネットで防ぐしかない・・・と思い込んでました。

が、

そんなことはないんですねぇ。日中は風下側になるサイドの天井ビニールのすそを、手の届く範囲でめくりました。これだけでもけっこう違うとおもいます。

温度が4度、下がってました。

ですが、めくる作業を始めたころから曇り空になったので、その影響がどのくらいあったか?

今日は排熱効果がわかりませんでしたが、梅雨明けからお盆までの一番暑い時期が問題で、もしも38度くらいまでに抑えられたら大丈夫。こんな簡単なことに6年間気づけませんでした。大雨が降りそうなときや強風が吹きそうなときは元に戻さないといけないので少々面倒ですが、そんなことは言ってられません。トマトは一度バテさせると回復に時間がかかるので、最盛期に突入するお盆過ぎにバテてないように保つのがなにをおいても最優先。今年もかなり暑くなる予報ですので、念のために遮光ネットも取り付けたほうがいいですね。この作業の効果があったとしても。

常日頃、思い込みを捨てようと意識してるのですが、なかなか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
農作業 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2069
この記事に対するトラックバック