鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 手植え終了 | main | 猪防柵 >>

田植えのタイムリミット実験

汗かいたあとはなおさら、ほっとするねぇ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。天然酵母パンをフライパンで!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今年は珍しく、6月中に手植えが済みました。草対策もばっちりです!

木陰からの風景にほっこりします。

今年は棚田3枚に予定通りに植えられたので、何事も起こらなければ1年分を収穫できそうです。なにもなければ・・・。

数日前に修理した場所を昨夜、またもや襲撃。支柱が1本折れてました。

並んだ杭を蹴散らすには、手前の太い竹が足元を不自由にするはず。太い竹の前に、さらにガードの杭を設置してます。でもこの紐では食いちぎられる可能性大なのでもっと頑丈な紐で縛る必要がありますが、しばらくは様子見で他の場所を危なそうなところから補強しなければ。やつらは虎視眈々と狙ってます。柵周囲の草刈りも重要です。見通しの悪い場所を狙ってきますので。

ところで。

どの地域まで共通しているかはわかりませんが、田植えするなら6月中にと地元の農家さんから以前教えてもらいました。経験的に確かにそうやなぁと感じたことがありますが、ほないつ以降から?2,3日くらいなら大丈夫なん?という疑問が残ります。

なので、

今日、3列植えてみました。

まだスペースがありますので、予定では5日、8日、11日、14日くらいまでいけるかなぁ、2日おきに植えてみて、それぞれがどんな生育を示すのか?、穂の出方にどんな違いが生じるのか?

これをやったからといっても、毎年6月中に植えきれば済む話なのですが。ま、どうでもいい実験です、笑!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
お米つくり | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。天然酵母パンをフライパンで!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2066
この記事に対するトラックバック