鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 準備で得ること | main | 一粒50円の種 >>

竹の使い道

無駄がないですねー、竹は!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このところ、種まきや育苗、田んぼの準備に獣害対策などなどで忙しくなってきました。仕事をしてるわりにはお金はないので、必要なものはなるべく身近な材料で作らないと。使い終わって、ゴミになるのも嫌ですしね。こういうのがあったら便利やのになぁってときに、うってつけなのが加工が容易な竹です。たとえば、



黒ポットに挿すラベル。プラのが園芸店などに売ってますが、これで十分。
他には、



トロ箱温床のアーチ。切り落とした枝で太くもなく細くもなく、ちょうどの太さのところを使ってます。
で、今日気づいたのがこれ!



どうしたもんか?と悩んでた使い方で、気に入ってます。枝の先端あたりを頃合いの長さに切って、籠を覆っているビニールが沈まないようにしています。近くに放置されている竹林があり、柵の材料としてぶっといのをズルズル運ぶのは難儀しますが、その時に切り落ちした枝がたくさんあります。今のところ用途がない部分は、とりあえず燃料に。
番外編。



灰を空き容器に入れるときに。水を足して上澄み液を洗剤替わりに使ってみようとおもってます。灰をこぼさずに容器に入れるのって、意外に難しいんです。1回あたりに入れられる量はしれてますが、こぼさずに入れられますので便利です。
多分、「こんな使い方があったんや!」ってシーンにこれからも出逢うでしょう。














 


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
農作業 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/2011
この記事に対するトラックバック