鍬人の野良日記

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
薪熱生活を送る日々。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 水の流れと時の流れと、続 | main | 踏みつぶせ >>

水の流れ、逆バージョン

逆に考えると!
昨日書いたように、畑ではいかに排水機能を高めるか?高めるためには?ってことにようやく気づいたのですが、それならば、水の流れを下流で止めれば水が流れにくくなるわけで、



棚田Cに板を設置。畦から侵入してくる草抑えが目的なのですが、畦上の棚田Bから土竜穴を通って漏水がしょっちゅうあるので、それを少しでも防げないかと。畦と板の間に泥を詰めれば、穴の出口があったとしても、水が畦からあふれ出にくくなるはず。板高さより上に穴の出口があると当然ながら水が漏れ出てきますが、草をきっちり刈っていれば漏水箇所を見つけやすいはず。出口に泥栓したら、土竜穴が水で満たされないかなぁ。
そうはうまくはいかんわな、きっと(笑)














 


FacebookTwitter、もよろしゅうに。
お米つくり | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト



FacebookTwitter、もよろしゅうに。
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック