鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 出店の2日間でした | main | 吉富ノ庄オープニングイベント >>

僕のライ麦パンを目指して

えー、えぇ。僕もそれはわかってるんです。が・・・!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

僕のブログを読んでくださっている方はもうすでにご存知のこととおもいますが、冬になればロケストパンの朝食の日々。窯からだしたときにバリバリッ!と音をたてて外皮がひび割れしたパンは美味美味♪
お気に入りはライ麦パン。重量比で20%か25%のライ麦を混ぜてます。あの香りがたまらんのです。それならば!
春蒔きは失敗したので、今度こそ。露地Aの大豆後に蒔きました。収量はいかほどになるのか?、初めてなのでさっぱり・・・。栽培の要領がわかってくれば、徐々に増やしていけばいいんです。販売するわけではないし。
自給作物の中で、これほどワクワクするほど楽しみな作物はなかったんやないやろか!
今の暮らし。お金がぜんっぜん足りないので、そっち方面のことを考えて栽培しなさいよ、っておもわんでもないのですがやらずにはいられませんデス。
製粉のことを考えると、強力粉を自作でまかなうのはあまりにも辛い。この露地Aも本当は、トマトのためだし←今は青枯れの連作障害でやむなく中断中。収穫期の6月(ですよね?)は、トマトで忙しい時期。稲作だってあるし、大豆の種まきもあるし、一人では限界があるので今はライ麦だけにとどめておかないと、絶対に手が回りません。
あー、でもぜったい、このライ麦をつかって焼いてみたい!















食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/1967
この記事に対するトラックバック