鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< vs サンマルツァーノ、その2 | main | コンロパンとパン教室 >>

自力のみやしげくん

まかせるわ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。天然酵母パンをフライパンで!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

露地Aを手がけ始めて、えーっと、4年目かな。最初のころはイネ科の野草がびっしりで苦労したけど、今年になってずいぶんと野草の種類が変わってきて、草管理が楽になってきました。年間通しての草管理の成果のたまもの♪
この畑の目的はもちろん、トマト。ですが、12年13年の青枯れ大発生で、一旦おあずけ。来年からは様子見で、少しだけ植えてみる予定です。トマトの本格導入までしばらくは、自給畑として。
7月だったかに、初めて種取りした宮重大根。直播して、間引きした苗もゆっくりながらも順調に育ち←10月は雨が少なかったから、数えてなんかいないけど多分、1日1本食べても3か月分くらいはあるんやないやろか?
種取りした際のこぼれ種でしょうね、ところどころで発芽して育ってます←通路にも育ってるから、うっかり・・・。畝を高くできないので宮重にしてはこぶりですが、太さは十分。先週に畝肩に米糠を振って草削りしたけど、それまではなーんにもやってない。年々、刈り草を積み重ねてきたおかげかなぁ。
自生えだけでなく、先述の直播や移植の宮重くんたちもなぜか、あまり虫に食われてません。この畑で育ってる白菜など他のアブラナ科はけっこうボロボロなのに。
うーん。なんなんでしょうねぇ。
















食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
ソイヤ−野菜栽培 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。天然酵母パンをフライパンで!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/1964
この記事に対するトラックバック